ビジネス書・実用書レビュー

【本レビュー】漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析がアナログな経営者におすすめ。

本記事では『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』をレビューします。

お疲れ様です、ニコイチ読書管理人のたkるです。

今日は、デジタルマーケティング初心者におすすめな本を紹介します。

タイトルは『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』

実はこれ知り合いが出した本で、久しいなって思って読み始めたのですが、個人的にタイムリーな内容が多く、面白くて一気に読んでしまいました。

内容としては

  • 店舗ビジネスにおけるMEO(Googleマップに表示させるやつ)やSEO(Google検索結果に表示させるやつ)の基礎から
  • SNSを用いた集客やブランド作りのやり方
  • 自社ショップを運営するノウハウまで

なんか大体知っておくべきことが全部入っている本でした。

「ネットのことはよくわからんくてな・・」みたいなこと言う店舗オーナーたちに読ませたい(読んでほしい1冊)と思いました。

以下で本書の内容について、もう少しだけ詳しく紹介します。

もういい、買うわって人向けリンク↓

 

広告

『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』とは?うまたんさんの初心者向けデジマ本

まずは概要を紹介します。

書誌情報

タイトル 『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』
著者 上野 佑馬(うまたん)
出版社 ビジネス教育出版社
発売年月日 2022/2/2
ジャンル マーケティング

うまたんの名前で活動するデータサイエンス系ブロガー兼Youtuberの著作となります。

本屋とかにも普通に平積みで売っていました。

たkる
たkる
実は著者のうまたんさん自分ブロガーとして知り合いで、本出してるやんすげーと思って買いました(ファンブック的なノリ、文章とか学びたかった)。そしたらめっちゃ面白くて一気読み!

内容

内容としては、漫画3割、文章7割くらいの構成で、デジタルマーケティングの基礎を網羅的に紹介していくものです。

漫画はストーリー仕立てなのですらすら読めます。

※文章部分は重要だけど地味に難しい話もあるので、まずは漫画だけ読んで気になる施策のところだけ文章(解説)を読むのもあり

『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』の本レビュー。アナログなオーナーに読ませたい本

degital-marcket-book-top

ここからは自分が本書を読んでの感想を書いていきます。

結論から言うと店舗型ビジネスで最低限やるべき施策が網羅的にまとまっておりめっちゃ良い本だなと思いました。

たkる
たkる
Googleマイビジネス登録していない系オーナーとかに読ませたい本!

以下では個人的に良いなと思った点をいくつか紹介します。

密度が高い!

まず本書で一番良いと思ったのは内容の密度(の高さ)です。

初心者向けの本って内容スカスカでなんか結局何すればいいかわからないみたいなことが結構ある(当社比)なんですが、本書はやるべきことが明確にわかります。

具体的には

  • MEO(Googleマイビジネスの登録、地図上にお店を表示させるにはどうすれば良いか)
  • SEO(サイトを検索上位にあげるにはどうすれば良いか)
  • SNS(どれを選んでどう進めるべきか)

などがわかります。

さらに発展編として、データの解析とか、自社ショップの運用とか、広告のやり方とかそんな話まであり、漫画でわかる系なのにめっちゃ深いところまで!(良い)って思いました。

漫画が邪魔しない!

漫画の内容は良くも悪くも普通です。

これがすごく良いなと思っていて、変にストーリーに凝り出すと、そっちに気を取られて学ぶべきこと(今回だとデジタルマーケティング)が頭に入ってこないことが多いです。

ただ本書はそれがなく、また章ごとの区切りも良い(早く先を読みたくさせすぎない)ため学びという点で吸収率が高いなと思いました。

文字がでかい!

あと本書は文字が大きいです。

これは最初違和感を感じたものの後でいや逆にありか!と思った点なので、デジタルマーケティング初心者の中にはやや高齢で小さい文字が見づらい人もいるので配慮としては良さそう。

自分は昔、おすすめの本を教えてくれと言われて文庫本を渡したら小さくて読めなかったと言われて返されたことがあります。

現場の運用まで落ちてる

また現場で回す場合、誰がそれをやるか問題があるかと思います。

(1人でやっているお店なら店長で良いけど、アルバイトがいたら暇な時間にやってもらうなどがある)

本書については、施策を現場で回す場合にどうすれば良いかについても著者自身の経験をもとに書かれているので、イメージが掴みやすいのが特徴です。

例えばSNSについては、ユーザーとして馴染みのない人がやるよりは馴染んでいる若者に任せる方が上手くいくという事例、あるいは適当にやると失敗しやすい施策(モール出店など)、などが書かれています。

評価:ウェブ集客を新たに始めたい店舗オーナーにおすすめ

そんな感じが『漫画でわかるデジタルマーケティング×データ分析』の本レビューでした。

デジタル化が進んでいない分野だとこの本1冊読むだけで一気にデジタル通になれる密度があります。

  • HP作ったけど全然使えていない
  • 地図にうちのお店出てないと言われた
  • 怪しい勧誘電話めっちゃかかってくる

みたいなオーナーさんはぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

ではまた。良い読書ライフを!

番外編:似ているタイトルのデジタルマーケティング本

ちなみにタイトルはよくある感じなので、似ている本もけっこうあります。

間違えないように注意。(合わせて読むのも良いかも)

マンガでわかる デジタルマーケティング

まずはこれ。

タイトルはめっちゃ似ていますが、著者が違って2020年の著作。

この池田書店のシリーズは漫画率高めです。

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 Webマーケッター瞳の挑戦!

こちらも女性主人公の漫画ウェブマーケ本ですが別著者です。

KindleUnlimitedはいっていました。(2022/02現在)

本当に終わり!

workman-book
ブロガーも参考になる「ワークマン」のSNS戦略とかマーケティングの話!作業服のワークマンというショップがありまして、元々は知る人ぞ知る!みたいな渋い店舗だったんです。 それが数年前から割とよく見るよう...
bazu-movie-kakusan
【良書のみ】最新のマーケティングを学ぶオススメ本まとめ【長文注意!】お疲れ様です、実はマーケティング系の本をコツコツと読み溜めてきたたkるです。 今日は、マーケティングを学ぶオススメ本を紹介していき...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。