読む順番

木元哉多『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の読む順番まとめ

木元哉多さんのライトノベルミステリー『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

木元哉多『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』とは

まずは木元哉多さんの小説『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の概要を紹介してきます。

 

『閻魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』は2018年3月から発売されている比較的新しいシリーズ本です。

ただ、2019年5月にはすでに5冊目が発売されており、かなり刊行ペースが速い作品でもあります。

ストーリーとしては、閻魔大王の娘の主人公・沙羅と、何らかの死因で亡くなった人たちと面会し、「自分を殺した犯人を10分で当てられたら復活!はずせば地獄行き!」というゲームをしていくという物語。

基本的にストーリーは、殺された人間の独白で進み、主人公である沙羅は推理には関与しません。

この主人公が絡まない推理ミステリーというのが斬新な構成となっています。

「今頭の中にある状況だけで犯人に辿り着ける」というくくりはあり、見ず知らずの通り魔とかが犯人ではないので、頭の中での推理が重要になります。

木元哉多『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の読む順番

続いては、木元哉多『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の読む順番を紹介してきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.閻魔堂沙羅の推理奇譚

 

2.閻魔堂沙羅の推理奇譚 負け犬たちの密室(2018年5月

 

3.閻魔堂沙羅の推理奇譚 業火のワイダニット(2018年8月

 

4.閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム(2018年12月

 

5.閻魔堂沙羅の推理奇譚 落ちる天使の謎(2019年4月

 

終わりに

ここまで木元哉多『焔魔堂沙羅の推理奇譚シリーズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

主人公が推理をしないという全く新しい構成のミステリー小説です。

ちょっと変わった作品を読みたいなと考えていた人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。値段も安くて700円くらいです!

ではまた。よい読書ライフを!