読む順番

『サッカーボーイズシリーズ』の読む順番【はらだみずき著】

はらだみずきさんの小説『サッカーボーイズシリーズ』の読む順番をまとめていきます。

タイトルの通りの青春サッカー小説です。

はらだみずき『サッカーボーイズシリーズ』とは

まずははらだみずき『サッカーボーイズシリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)

ストーリーとしては、桜ヶ丘FCメンバーの小学校最後の大会に向けた戦いを描く青春サッカー小説となっています。

桜ヶ丘FCの武井遼介(小6)は、レギュラーを外れキャプテンの座も失い、挫折を味わう。しかしそこに現れた新監督・小暮コーチとの出会いを通じてサッカーをやる意味を見出していく!

小学生編、中学生編、高校生編というように彼らの成長に合わせて巻が進んでいきます。

『サッカーボーイズシリーズ』の読む順番

続いては『サッカーボーイズシリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。※リンクはAmazonに飛びます。

1.サッカーボーイズ 再会のグラウンド (角川文庫)

 

2.サッカーボーイズ 13歳 雨上がりのグラウンド (角川文庫)

 

3.サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド (角川文庫)

 

4.サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川文庫)

 

5.サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム (角川文庫)

 

6.高校サッカーボーイズ U-16 (角川文庫)

 

7.高校サッカーボーイズ U-17 (角川文庫)

 

8.高校サッカーボーイズ U-18

 

徐々にU-〇〇の数字が増えていく感じですね!

終わりに

ここまで『サッカーボーイズシリーズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

まさに王道な青春サッカー小説です。

ちょっと青春忘れがちかも、という人はぜひ読んでみてください。

また、自らがサッカーボーイズになりたい人にはこんな本もあります。(小説とは無関係ですが、1~4まであるみたいです)

 

では今日はこの辺で。よい読書ライフを!