小説レビュー

[2021最新]平安あや解き草紙シリーズの読む順番と最新情報とかあらすじとかまとめ!

婚期を逃した平安貴族・藤原伊子を主人公にした後宮物語。

それが、「平安あや解き草紙シリーズ」です。

後宮だから恋愛権力系かな??と思わせて、実はガチなお仕事小説な一面もあったりする味わい深い作品です。

★最新情報

2021.9.17 「平安あや解き草紙 ~この惑い、散る桜花のごとく~」発売

2021.4.20 「平安あや解き草紙 ~その女人達、故あり~」発売

2020年11月20日に新刊「平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~ 」が発売予定!

最新刊↓

今日はこのシリーズの順番とあらすじと最新情報を解説します。

広告

平安あや解き草紙シリーズとは?宮中お仕事小説です。

heianayatokisoushi-series

まずはシリーズの概要を簡単に。

本シリーズは、小田 菜摘さんによるライトノベルシリーズで、オレンジ文庫より出版されている文庫本小説です。

シリーズのあらすじとしては、色々あって婚期を逃して実家暮らし32歳の平安貴族・藤原伊子が、突如、帝との結婚を言い渡されます。

なぜ??と思って、出向いてみると、そこには10年前に別れた恋人・嵩那の姿が・・・。

そんなこんなで尚侍(←女官の中ではえらいポジション)として後宮入りを果たしてしまった主人公を待ち受ける運命とは??

といった感じ。脅迫文とか届いてわちゃわちゃします。

ちなみに表紙は割とライトノベル風なんですが、実は結構平安貴族の雑学とかも豊富で、読み応えのある作品でもあります。(恋愛小説に見せかけた歴史系お仕事小説です。)

平安あや解き草紙シリーズの読む順番

続いては読む順番です。

現在刊行中の作品は以下の通り。

それぞれのあらすじを簡単にみていきましょう。

1.平安あや解き草紙~その姫、後宮にて天職を知る~

heianayatokisoushi1

まずはシリーズ第1巻の「平安あや解き草紙~その姫、後宮にて天職を知る~」です。

こちらはシリーズ導入編といった感じで、実家暮らしの主人公が後宮に入っていくまでの激動の展開が描かれます。

婚期を逃した諸々の理由とかも本巻にて解説されます。

2.平安あや解き草紙~その後宮、百花繚乱にて~

heianayatokisoushi2

続いては第2巻の「平安あや解き草紙~その後宮、百花繚乱にて~」です。

こちらでは、高級での職務にやりがいを感じてきている主人公が、次々に起こるゴタゴタに対応していくことに・・・。

本作から、新キャラの妃候補・祇子(ツンデレ)が登場します。

3.平安あや解き草紙~その恋、人騒がせなことこの上なし~

heianayatokisoushi3

続いてはシリーズ第3巻の「平安あや解き草紙~その恋、人騒がせなことこの上なし~」です。

こちらでは恋愛関係に動きが出ます。一応結論の出る第3巻、必見です。

4.平安あや解き草紙~その女人達、ひとかたならず~

heianayatokisoushi4

続いては2020年6月に発売の最新刊「平安あや解き草紙~その女人達、ひとかたならず~」です。

こちらでは、宮廷内の権力闘争、内親王の苦悩などに目を向けられます。

久々に入道の女中も登場し・・・。

と色々目白押しな第4巻です。

5.平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~

続いてはシリーズ第5巻の「平安あや解き草紙 ~その姫、後宮にて宿敵を得る~ 」です。

いつの時代も、仕事も恋も悩ましい。
宮廷で働く女性の活躍を描いた平安お仕事絵巻、重大局面へ!

皇統の奪還をもくろむ嵩那の叔母・入道の女宮の策略で、伊子と嵩那の関係が父・顕充の知るところとなった。
顕充は十六歳年上の伊子を一途に想う帝と話すという。
だが伊子の懸念はそれだけはなく……。
時は師走。
大晦日から正月にかけて目白押しの儀式に誰もが忙殺されるなか、女宮が参内してくる。
どんなたくらみを秘めているのか警戒する伊子だったが、儀式の最中、帝の目の前で皇統の不当を糾弾する声が家臣から突然上がり、くすぶっていた先帝への不満が爆発した――。
【目次】
第一話 易きに流される相手と、侮られてはならぬ
第二話 人としての芯さえあれば
第三話 姥桜とて、そう容易く枯れはせぬ

6.平安あや解き草紙 ~その女人達、故あり~

続いてはシリーズ第6巻の「平安あや解き草紙 ~その女人達、故あり~」です。

こちらでは夜な夜な亡霊の影が見え隠れし・・という事件が発生。犯人とは・・?

平安後宮お仕事ミステリー、混迷の展開!!
「長きに渡って主上にお仕えしたいのです。」
答えを出した伊子(かのこ)の取るべき道とは?

嵩那(たかふゆ)への恋心と帝への忠誠で揺れる伊子。
だが思いとは裏腹に伊子は宮廷での存在感を高めていく。
そんな中、新大納言の大姫が新たに入内した。
同じ頃若き女御の殿舎が荒らされ、さらに出産を間近に控えた藤壺女御・桐子(ひさこ)の下を夜な夜な訪れる亡き先々帝と思しき人影……。
果たして犯人は?
皇統の奪回を目論む入道の女宮の影がちらつく宮廷で、伊子の差配が光る!

いつの時代も些細なことが女を悩ませる――。

7.平安あや解き草紙 ~この惑い、散る桜花のごとく~

続いてはシリーズ第7巻の「平安あや解き草紙 ~この惑い、散る桜花のごとく~」です。

こちらは2021/9/17発売予定!

あらすじは以下の通り。

恋に、政治に、仕事に揺れる平安お仕事絵巻、激動の急展開!!
「妻でなく母でなくとも甲斐のある女の人生を、私があなたに見せてあげるわ」

藤壺女御の男児出産をきっかけに、帝の寵愛を競う女たちの争いが激しくなった。
同時に本来の皇統である嵩那の東宮擁立を求める朝臣の声も高まり、伊子は頭を抱える日々が続く。
ところが渦中の嵩那は、誰にも告げないまま、あろうことか伊子の宿敵・入道女宮がいる吉野に出奔したことが発覚し、本人不在のまま東宮に内定してしまう。
これは、政治的判断により、伊子と嵩那の結婚を白紙に戻す決定でもあった…。

嵩那はいったいなぜ、何をしに入道女宮のいる吉野に行ったのか。
いつの時代も、働く女子は決断を迫られる。
伊子が選んだ道とは!?

終わりに!主人公の年齢がアラサーというオレンジ文庫では珍しい作品。ぜひ読んでみてください。

そんな感じが、「平安あや解き草紙シリーズ」でした。

主人公の年齢が30歳以上なのって地味に珍しいですが、そこをいい感じに生かした仕事と恋愛の折り合いみたいなのも魅力の作品です。

若者に感情移入できなくなった人などはぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

ではまた、良い読書ライフを!

後宮小説のおすすめまとめ↓

koukyuu-matome
古代中国を楽しく学ぶ!後宮小説おすすめまとめ古代中国の皇帝の側室(愛人)たちを集めた場所、それが「後宮」です。 と、歴史の授業などでは習いますが、実際後宮ってどんな感じなんだ...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です