読む順番

『北海道警察・札幌大通署シリーズ』の読む順番とあらすじまとめ【佐々木譲著】

『笑う警官』より始まる佐々木譲さんの小説『北海道警察・札幌大通署シリーズ』の読む順番とあらすじをまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

佐々木譲著『北海道警察・札幌大通署シリーズ』とは

まずは『北海道警察・札幌大通署シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


笑う警官 (ハルキ文庫)

『北海道警察・札幌大通署シリーズ』は、北海道警裏金事件という実在の汚職事件後の北海道警察を舞台に、北海道警察・札幌大通署の警察官たちを描いた作品です。

主に警察組織vs警察個々人の戦いを描いており、第1巻の『笑う警官』では、無実の罪を訴える同僚殺しの容疑者・津久井 卓をめぐり、同じく津久井の元同僚の佐伯 宏一(さえき こういち)らが、彼の身柄を秘密裏に確保します。

警察側は津久井に対し拳銃の発砲許可を出しており、津久井をかくまう有志メンバーは、警察側からの刺客の特殊部隊を回避しつつ、彼を24時間後の議会へ証人として送り届けようと画策するが・・・

というストーリー。

警察vs警察官というのが新しい切り口の作品ですね。

『北海道警察・札幌大通署シリーズ』の読む順番まとめ

では続いて『北海道警察・札幌大通署シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.うたう警官
(文庫版改題:笑う警官 (ハルキ文庫)

 

2.警察庁から来た男 (ハルキ文庫)

 

3.警官の紋章 (ハルキ文庫)

 

4.巡査の休日 (ハルキ文庫 さ 9-5)

 

5.密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)

 

6.人質 (ハルキ文庫 さ)

 

7.憂いなき街 (ハルキ文庫)

 

8.真夏の雷管 (ハルキ文庫)

 

注意!刑事マルティン・ベックの『笑う警官』は別シリーズです。

ちなみに『笑う警官』というタイトルを聞いた人の中には、『刑事マルティン・ベック 笑う警官』をイメージした人も多いかと思います。


刑事マルティン・ベック 笑う警官 (角川文庫)

ただこれはまったく別作品です。

一応名前が同じ経緯として、角川春樹に「マルティン・ベックのような警察小説を書きませんか」と誘われたためタイトルを寄せたそうです。

第1作の元々タイトルである『うたう警官』は自白するという意味の隠語ですが、わかりにくいので文庫化の際に『笑う警官』となったとのこと。

意味は分かりやすくなりましたが、マルティンベックとは紛らわしくなっていますね!

 

『北海道警察』シリーズドラマ化情報

続いては『北海道警察』シリーズのドラマ化情報です。

本シリーズのドラマ化としてはTBSで2011年から2時間ドラマ「月曜ゴールデン」枠で4作が放送済み。

主なキャストは以下の通り。

小島 百合(こじま ゆり) 演 – 財前直見
佐伯 宏一(さえき こういち)演 – 鈴木一真
大塚 サキ(おおつか サキ)演 – 松本莉緒

ドラマでは原作のヒロイン・小島 百合が主人公となっています!

終わりに

ここまで『北海道警察』シリーズについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

警察組織vs警察個人という新しい切り口の戦いを描いた作品なので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

日明恩の武本刑事・潮崎警視シリーズの読む順番!最新刊は『ゆえに、警官は見護る』日明恩さんの警察小説シリーズをまとめていきます。 日明恩さんの武本刑事・潮崎警視シリーズとは まずは、日明恩さんの武本刑事・潮崎警視...
今野敏「隠蔽捜査シリーズ」読む順番とあらすじまとめ今野敏さんの「隠蔽捜査シリーズ」の読む順番とあらすじをまとめていきます。 よろしくお願いいたします。 今野敏「隠蔽捜査シリーズ」...
『朝草機動捜査隊シリーズ』の読む順番まとめ!マリアの骨から始まる鳴海章さんの警察ミステリー朝草機動捜査隊シリーズの読む順番まとめ!マリアの骨から始まる鳴海章さんの警察ミステリーです。 朝草機動捜査隊シリーズとは? まずは浅...