読む順番

日明恩の武本刑事・潮崎警視シリーズの読む順番!最新刊は『ゆえに、警官は見護る』

日明恩さんの警察小説シリーズをまとめていきます。

日明恩さんの武本刑事・潮崎警視シリーズとは

まずは、日明恩さんの武本刑事・潮崎警視シリーズとはどんなお話なのか、という話から始めていきます。


それでも、警官は微笑う (双葉文庫)

この『武本刑事・潮崎警視シリーズ』は著者のデビュー作『それでも、警官は微笑う』から始まるシリーズで、第1作はメフィスト賞の受賞作でもあります。

ストーリーとしては、無口でストイックなタフガイ巡査部長・武本と、話好きなおぼっちゃまであり武本の上司である潮崎警部補のコンビによる警察ミステリーとなっています。

一見するとそりが合わなそうな2人ですが、得意分野が異なっていていい味を出しつつ事件を解決していきます。

本シリーズの特徴としては、シリーズを追うたびに異動があり、異動によって武本と潮崎は違う部署でありつつもひょんなことから再開してコンビを組むという展開です。

個人的には、かつての同僚が登場!みたいな展開は結構好きなので、わりといつも序盤でテンションの上がる作品でもあります。

日明恩さんの武本刑事・潮崎警視シリーズの読む順番とあらすじ

続いて、日明恩さんの武本刑事・潮崎警視シリーズの読む順番をまとめていきます。

現在は4巻が刊行中で順番は以下の通り。※リンクはAmazonに飛びます。

では、各巻のあらすじを簡単に紹介していきます。

1.それでも警官は微笑う

シリーズ第1巻の『それでも警官は微笑う』では、硬派なタフガイ・竹本刑事と警視庁のおぼっちゃまの潮崎刑事というデコボココンビが密造拳銃事件を捜査します。

警察と麻薬取締官の縦割りの葛藤や、それぞれのキャラの個性が際立つ1冊。

 

2.そして、警官は奔る

シリーズ第2巻の『そして、警官は奔る』では、武本は蒲田署に異動となります。

そしてそこで関わったのが幼女監禁事件。事件の背景を探ると一筋縄ではいかない事情があり…

というストーリー。法律か人権かという2択を迫られます。

 

3.やがて、警官は微睡る

シリーズ第3巻の『やがて、警官は微睡る』では、新規オープンのホテルで多国籍グループによる立てこもり事件が発生。偶然そのホテルに居合わせた武本は、かつての上司である潮崎に連絡し、内外から多国籍グループに接触する…

というストーリー。

 

4.ゆえに、警官は見護る

シリーズ第4巻の『ゆえに、警官は見護る』では、新宿署の留置管理課に異動となった武本と、警視庁刑事総務課刑事企画第一係の潮崎警視が、とある殺人事件の捜査で再開。

名コンビがそれぞれの立場から連携して犯人を調査していきます。

 

終わりに

武本刑事シリーズの読む順番とあらすじについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

おぼっちゃまな上司とタフガイな部下という一見すると合わない2人ですが、本シリーズを読むと違ったタイプの人間同士でも名コンビになれるのだなというのを感じます。

機会があったらぜひぜひ読んでみてください。

では、また!良い読書ライフを。