シリーズごと PRあり

神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜シリーズの読む順番と新刊情報まとめ【鳴神響一】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

鳴神響一 「神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜」シリーズの読む順番は「刊行順」がおすすめです。

「神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜」シリーズの読む順番と新刊情報をまとめます。

最新情報

2023/7/6 第5巻「鎮魂のランナバウト (幻冬舎文庫)」発売

広告

鳴神響一 「神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜」シリーズとは?

まずは概要です。

タイトル 「神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜」シリーズ
作者 鳴神響一
出版社 幻冬舎文庫
既刊 5
メディア化 なし

童顔な主人公がクセの強いオタクな同僚と鉄道マニアが被害者の事件を解決していく・・(第1巻)

著者は「脳科学捜査官 真田夏希」シリーズなどでも知られていますね。

ファンによる評価は以下の通り!

□総合評価

0.0
Rated 0.0 out of 5
星5つ中の0.0(0人のレビュー)
とても良い0%
良い0%
普通0%
イマイチ0%
つまらなかった0%

 

みんなのコメント!

まだレビューがありません。あなたの意見をぜひ聞かせてください。

 

シリーズのレビューをお願いします!!




 

「神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜」シリーズの読む順番と新刊情報まとめ

続いては読む順番です。

現在の刊行情報は以下の通り。

では、それぞれを見ていきましょう。

 

1.神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜

まずはシリーズ第1巻の『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜 』です。

あらすじは以下の通り。

二八歳にしては童顔で小柄。女子大生か、時には女子高生に見間違えられる神奈川県警江の島署の細川春菜に異動の辞令が。新たな部署は栄えある本部刑事部の「捜査指揮・支援センター」。だが、期待と不安を胸に新天地に赴いた彼女を待っていたのは、一癖も二癖もある同僚たちと、鉄道マニアが被害者の凄惨な殺人事件だった。新シリーズ第一弾!

 

2.神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜2 湯煙の蹉跌

続いてはシリーズ第2巻の『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜2 湯煙の蹉跌』です。

あらすじは以下の通り。

県警刑事部の捜査指揮・支援センターに所属する細川春菜に捜査の応援要請が入る。ヤマは二ヶ月ほど前に温泉旅館で発生、被害者が露天風呂で全裸のまま凍死するという何とも奇妙な殺人事件。捜査一課の浅野が温泉宿の娘である春菜を見込んで依頼してきたのだが、二人が頼った「登録捜査協力員」(温泉ヲタク)は一癖も二癖もある人物ばかりで……。

 

3.神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜3 夕映えの殺意

続いてはシリーズ第3巻の『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜3 夕映えの殺意』です。

あらすじは以下の通り。

捜査一課の浅野が美貌の新米刑事を伴って専門捜査支援班にやってきた。捜査が難航している二件の事案への協力を春菜に要請したいという。その打ち合わせの最中、聞き耳を立てていた春菜の同僚の葛西が、二つの現場はいずれも人気アニメの「聖地」で関連性があると言い出した。そのひと言で軌道修正された捜査は思わぬ方向へと進展してゆき……。

4.神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜4 テディベアの花園

続いてはシリーズ第4巻の『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜4 テディベアの花園』です。

あらすじは以下の通り。

三浦市の密室状態の別荘で殺人事件が発生。被害者がテディベアの有名なコレクターだったことから、専門捜査支援班の春菜へ捜査一課の浅野から捜査の応援要請が舞い込む。テディベアに詳しい登録捜査協力員(ヲタク)の知識を借りて被害者が残した謎のメモを解明したいというのだ。はたして「PB55……TCOA?」とは何を意味しているのか?

 

5.神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜5 鎮魂のランナバウト

続いてはシリーズ第5巻の『神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜5 鎮魂のランナバウト (幻冬舎文庫)』です。

あらすじは以下の通り。

神奈川県南西部の震生湖で遺体となって発見された自動車評論家は、亡くなる直前に湖の駐車場で何者かに会っていたと推察された。捜査一課の浅野康長から捜査の応援要請を受けた細川春菜は、被害者が旧車の愛好家だったことから、その方面に詳しい登録捜査協力員との面談を重ね、事件の背後関係を探る。やがて浮かび上がった驚くべき事実とは……?

owarini

簡単ですが神奈川県警「ヲタク」担当 細川春菜シリーズの解説でした。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

シリーズ本をまとめる本好き
たkる
たkると申します。大学生のとき読書に目覚めてそれからは年100~300冊くらい読んでます。 読書傾向は乱読で、本を買っては読み、読んでは書き、を繰り返しています。 本サイトではシリーズものの小説や読書グッズのおすすめをメインに紹介していきますのでよろしくお願いいたします。
\ Follow me /
関連コンテンツ(広告あり)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA