読書

椹野道流『鬼籍通覧シリーズ』の読む順番とあらすじまとめ

kisekituuran

椹野道流さんの『鬼籍通覧シリーズ』の読む順番とあらすじをまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

椹野道流『鬼籍通覧シリーズ』とは?そのあらすじについて

まずは『鬼籍通覧シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。

この『鬼籍通覧シリーズ』は椹野道流さんによるライトノベル小説で、「法医学教室オカルトファイルシリーズ」とも呼ばれます。

椹野道流さんは「最後の晩御飯シリーズ」などでも知られますね。

椹野道流『最後の晩ごはんシリーズ』の読む順番まとめ椹野道流さんの著作『最後の晩ごはんシリーズ』の読む順番をまとめていきます。 最後の晩ごはんシリーズとは 最後の晩ごはんシリーズとは、...

で、この『鬼籍通覧シリーズ』のストーリーとしては、大阪にあるO医科大学法医学教室でイケメンの新人・伊月崇が、先輩医師のミチル先生らとともに、病院に運ばれてくる変わった患者や死体を鑑定していくというもの。

法医学の専門用語はいろいろ出てくるものの、読みやすい文体で、楽しく読みつつ法医学についても詳しくなれるそんな作品です。

ミステリ―やホラーというよりはオカルト系となります。

最近新装版も発売されています↓

 

椹野道流『鬼籍通覧シリーズ』の読む順番

続いては『鬼籍通覧シリーズ』の読む順番を紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

終わりに

ここまで椹野道流『鬼籍通覧シリーズ』の読む順番とあらすじをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

オカルト寄りの法医学ミステリ―という微妙になかったジャンルの作品です。

最近新装版も出ているのでぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!