二宮敦人『最後の医者シリーズ』の読む順番まとめ

二宮敦人『最後の医者シリーズ』の読む順番まとめ

「死」を考えさせる小説として話題を呼んでいる『最後の医者シリーズ』

最近映画化もされてますます人気のシリーズの読む順番をまとめました。

『最後の医者シリーズ』とは?

最後の医者シリーズとは、『最後の医者は桜を見上げて君を想う』から始まる一連の小説です。

若手小説家の二宮敦人氏の作ですね。

このシリーズの特徴は、「難病を抱え余命いくばくもない」というような状況で、人がどう生きるべきかという視点を読者に問いかけてくることです。

共通の友人の死をきっかけにして、きっぱりと余命宣告し余生を楽しんでもらうという方針を取る医者と、最後まで生をあきらめずに患者を苦しませてでも生き永らえさせる方針を取る医者、という2人の主人公の対比がメインテーマとなります。

どちらの医者やそれぞれの患者にもそれぞれ正義があり、「生きるとは何か」を、非常に深く考えさせられる小説となっています。

『最後の医者シリーズ』の読む順番

では、そんな最後の医者シリーズの読む順番を紹介していきます。

読む順番は以下の通りです。

1.最後の医者は桜を見上げて君を想う

2.最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)

3.最後の医者は雨上がりの空に君を願う(下)

では、それぞれのあらすじを見ていきましょう。

1.最後の医者は桜を見上げて君を想う

患者に余命をきっぱりと告げることから死神と呼ばれる医者・桐子は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。

一方、副院長・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。

対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは?

というストーリーのシリーズ第1巻です。

 

2.最後の医者は雨上がりの空に君を願う(上)

小さな診療所を始めた医者・桐子は患者に余命を受け入れる道もあると言い切る。

一方、かつての同僚・福原は大病院で閑職に追いやられてもなお、患者の「延命」を諦めない。

新たな環境でそれぞれの道を歩み始めた二人の行く末は・・・

というストーリーのシリーズ第2巻。

 

3.最後の医者は雨上がりの空に君を願う(下)

第2巻から続く物語の完結編です。

第3巻では幼いころの桐子の体験や、なぜ余命宣告にこだわるのか、福原との意外な関係など、2人のルーツに迫っていきます。

一人の女性から影響を受けた2人の医者はなぜ別の道を歩んだのか。

読み手に生き方を問いかける作品です。

終わりに

苦しませてでも生きながらえさせるべきか、それとも余命を告げて自由に動ける時間を確保するのか、という臨床医療の難しいところを2人の主人公の対比を通して考えさせられる小説です。

映画化や漫画化の話も出ているようで、今後ますます話題になること間違いなしの作品。

ぜひ、読んで、生と死を考えてみてはいかがでしょうか。