読む順番

「マリー・アントワネットの日記」読む順番とあらすじ、番外編情報まとめ

marie-antoinette-nikki

「マリー・アントワネットの日記シリーズ」のあらすじと読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

「マリー・アントワネットの日記シリーズ」のあらすじ

marle-antolnette-nikki

まずは「マリー・アントワネットの日記シリーズ」のあらすじを紹介していきます。

この作品は、マリーアントワネットの日記を現代の女子高生が書いたような文章で書くという野心的な内容。

「あたしがフランス王太子妃とかwww超ウケるんですけどwwwみたいな。」

というような文体です。

文体は自由ですが、意外と史実に忠実(しじつにちゅうじつってめっちゃ感じだと見づらいですね笑)で、楽しみながら歴史をも学べるという本となっています。

ベルバラ世代に激刺さりして大ブレイクしているとの噂。

「マリー・アントワネットの日記シリーズ」の読む順番

「マリー・アントワネットの日記シリーズ」の読む順番を紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.「マリー・アントワネットの日記 Rose」

前半です。こちらではフランス王太子妃となったマリーアントワネットがアウェーの流れの中で頑張っていきます。こっちは展開も明るめ。

 

2.「マリー・アントワネットの日記 Bleu」

後半です。王太子妃からフランス王妃へ、そして母親とライフステージは変化し、クライマックスへと進みます。

 

番外編:「ベルサイユのゆり―マリー・アントワネットの花籠―」

続いては番外編です。

番外編としては、「ベルサイユのゆり―マリー・アントワネットの花籠―」があります。

内容としては、彼女の死後、彼女と繋がりの深い人物により語られるアントワネットが描かれます。語りては幽霊となったランバル公妃です。

番外編.「ベルサイユのゆり―マリー・アントワネットの花籠―」

 

終わりに

ここまで「マリー・アントワネットの日記シリーズ」についてとあらすじを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

かなり評価が高い作品なのでぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

ケーキ王子の名推理(スペシャリテ)シリーズのあらすじと読む順番【七月隆文著】七月隆文さんの作品『ケーキ王子の名推理(スペシャリテ)シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 七月隆文『ケーキ王子の名推理(スペシャ...
『怖いへんないきものの絵』動物と絵画と歴史に詳しくなれるシュールな本最近本屋で絵画の本が多いような感じがしているたけるです。 自分の場合、絵画には興味はあるのですが、いかんせん西洋絵画の見方とかって...
「宝石商リチャード氏の謎鑑定シリーズ」の読む順番と各巻あらすじまとめ【アニメ化決定】宝石にまつわるミステリーという新しいコンセプトのライトノベル小説『宝石商リチャード氏の謎鑑定』。 シリーズとしてじわじわと作品が増...