読む順番

望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』の読む順番

望月麻衣さんの小説『京都寺町三条のホームズ』シリーズの読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』とは

望月麻衣さんの『京都寺町三条のホームズ』はどんな物語なのかを紹介していきます。

『京都寺町三条のホームズ』シリーズは、京都に引っ越した女子高生(第1巻時)・真城葵が、祖父の遺品の鑑定で骨董品店『蔵』を訪れるところから物語がスタートします。


京都寺町三条のホームズ : 1 (双葉文庫)

葵の訪れた骨董品屋の鑑定士・家頭清貴(やがしらきよたか)はホームズの異名を持つほどの洞察力の持ち主で、葵が鑑定品を家から無断で持ち出してきたことを見抜きます。

どうしてもお金が必要だという葵に対し、「骨とう品を無断で売るのではなく、アルバイトをしてみてはどうか?」と清貴は提案し、葵の奇妙なアルバイト生活が始まる…

というストーリーです。

ミステリー小説でもあり、主役2人の恋模様を描く恋愛小説としても楽しめる作品となっています。

望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』の読む順番

続いて望月麻衣さんの『京都寺町三条のホームズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

第1巻↓

 

『京都寺町三条のホームズ』の漫画版情報

続いて『京都寺町三条のホームズ』の漫画版情報をまとめていきます。

漫画版としては秋月壱葉さんの絵で、双葉社より発売中。2019年3月現在第3巻で刊行されています。

↓第1巻

 

↓第2巻

 

↓第3巻

『京都寺町三条のホームズ』のアニメ化情報

『京都寺町三条のホームズ』のアニメ化情報を紹介していきます。

アニメ化は、2018年7月より9月まで アニメーションスタジオ・セブンの製作で、テレビ東京で放送されています。

アニメ公式ガイドブックも出ています。

 

終わりに

ここまで望月麻衣『京都寺町三条のホームズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

京都を舞台にしたミステリー小説ということで京都好きな人はぜひ読んでみてください。

ではまた。よい読書ライフを。

第1巻↓