読む順番

薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』の読む順番まとめ

最近『悪党』がドラマ化して注目を集めている薬丸岳さんの別シリーズ小説『刑事・夏目信人シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』とは

まずは、薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


刑事のまなざし (講談社文庫)

ストーリーとしてもともとは罪を犯した少年たちの更生を助ける法務技官であった夏目信人が、とある事件で娘が植物状態になったことをきっかけに警察官に転職。

刑事課に配属となった主人公が、犯人を見つけ犯行の事情を聴きだしていくというストーリーです。けっこうヘビーです。

2013年にドラマ化もされている作品となります。

ドラマ↓


第1回 「オムライス」

薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』の読む順番まとめ

続いて薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.刑事のまなざし

2.その鏡は嘘をつく

3.刑事の約束

4.刑事の怒り

それぞれの内容を簡単に紹介していきます。

1.刑事のまなざし

まずはシリーズ第1巻の『刑事のまなざし』です。

主人公が法務技官から43歳で新人刑事となって、事件と向き合っていきます。

第1巻では、以下の6ストーリーを収録。

オムライス、黒い履歴、ハートレス傷痕、プライド、休日、刑事のまなざし

 

2.その鏡は嘘をつく

続いてはシリーズ第2巻の『その鏡は嘘をつく』です。

こちらは長編となります。

鏡の間で医師の死体が発見され、検事・志藤はこれが他殺である可能性を考え・・・

というストーリー。夏目刑事も登場します。

 

3.刑事の約束

シリーズ第3巻の『刑事の約束』では再び短編集に戻ります。

第1巻に比べると主人公の夏目がやや燃え尽き気味となっていて、第1巻とは違った趣があります。

第1巻のオムライスの登場人物、第2巻の主人公・志藤検事なども出てきます。

 

4.刑事の怒り

続いてシリーズ第4巻の『刑事の怒り』です。

こちらも短編集で、社会問題を取り上げた内容となっています。

第1巻から植物状態だった主人公の娘の容態にも変化があって・・・

という第4巻です。

 

終わりに

ここまで薬丸岳『刑事・夏目信人シリーズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

けっこう重たい作品ですが、考えさせられる内容でもあります。

調子のよいときにぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!