2.本レビュー系

【ゲバラ➔フィデル!】ポーラースターシリーズの読む順番【第4巻発売!】

海堂尊さんの小説「ゲバラ・ポーラースター」シリーズの読む順番をまとめていきます。

ゲバラ➔フィデルと続くキューバの歴史について書かれた小説になります。

たkる
たkる
キューバの歴史を知れる小説は珍しい!しかも作者はチーム・バチスタシリーズなどで知られる海堂尊さん。

最新情報/

第4巻「フィデル出陣」が2020年8月に発売!

これ↓

ではまずはそんな「ゲバラ・ポーラースター」シリーズの簡単なあらすじから見ていきましょう。

広告

海堂尊「ゲバラ・ポーラースター」シリーズとは

まずは、「ゲバラ・ポーラースター」シリーズとはどんな物語なのかを簡単に紹介していきます。

gebara-kakusei

「ゲバラ・ポーラースター」シリーズは海堂尊さんの小説です。

キューバの革命家チェ・ゲバラについて書かれた作品となっており、伝記的な内容となっています。

これまで海堂尊さんの医療系の小説とは打って変わった内容なので驚きですが、かなり読みやすいと評判となっている作品でもあります。

若きチェ・ゲバラと親友ピョートルの南米旅行記からスタートし、ゲバラの革命までが描かれるシリーズになる模様。

たkる
たkる
ゲバラ➔フィデルと続いていきます。
gebara-kakuseifidel-born

海堂尊「ゲバラ・ポーラースター」シリーズの読む順番

続いて海堂尊「ゲバラ・ポーラースター」シリーズの読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

  • 1.ゲバラ覚醒 ポーラースター
  • 2.ゲバラ漂流 ポーラースター 2 (文春文庫)
  • 3.フィデル誕生 ポーラースター3 (文春文庫)
  • 4.フィデル出陣 ポーラースター4(文春)

各巻のあらすじを簡単に紹介していきます。

1.ゲバラ覚醒 ポーラースター

シリーズ第1巻の『ゲバラ覚醒』では、若き日のチェ・ゲバラが喘息持ちの少年から医大生になり親友とともに南米横断のバイク旅に出る様子が描かれます。

gebara-kakusei

そこでのちの革命の下地となる社旗的弱者たちとの出会いなどもあり…

というストーリー。

 

2.ゲバラ漂流 ポーラースター 2 (文春文庫)

シリーズ第2巻の『ゲバラ漂流』では、南米横断のバイク旅を終えて故郷アルゼンチンで医師免許を取得したエルネストを描きます。

gebara-hyouryu

エルネストは中南米に旅立ちますが、そこで米国の搾取に苦しむ市民の姿を見て…

というストーリー。

 

3.フィデル誕生 ポーラースター3 (文春文庫)

続いては第3巻です。

fidel-born

シリーズ第3巻の『フィデル誕生』では、ゲバラとともにキューバ革命の立役者として知られる第2の登場人物・フィデル・カストロとその父アンヘルについて描かれます。

発売は2019年4月10日予定。

 

4.フィデル出陣

続いてはシリーズ第4巻の『フィデル出陣』です。

fidel-shutujin

こちらでも前作同様にフィデルの幼少期➔革命家になるまでが語られます。

ちなみに何故か第4巻は単行本に戻っています。(1~3巻は文庫)

終わりに!キューバの歴史をポーラースターで学ぼう!

ここまで海堂尊「ゲバラ・ポーラースター」シリーズの読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

南米の歴史というのは日本から最も遠い地域でもあり、なかなか知る機会がないところなので、読んでみると知らないことだらけで面白いのではないかなと思います。

海堂さんファンの方もぜひに。

ではまた、良い読書ライフを。

 

◆オススメ記事

たkる
たkる
海堂尊さんの別著作に関して言うと、やはり医療を描いた「チーム・バチスタシリーズ」が有名。こちらもぜひどうぞ!

海堂尊「チーム・バチスタシリーズ」の読む順番!最新刊は氷獄発売!

 

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です