読む順番

堀川アサコ『幻想シリーズ』の読む順番まとめ!最新刊は寝台車

堀川アサコさんの『幻想シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

堀川アサコさんの『幻想シリーズ』とは

まずは堀川アサコさんの『幻想シリーズ』の概要について紹介していきます。

幻想シリーズは第1巻の『幻想郵便局』から始まる一連の小説で、ジャンルはほのぼの系のホラーミステリーといった感じです。

ストーリーとしては、就職浪人中の主人公・安倍アズサがやっと決まった就職先の郵便局は、この世とあの世をつなぐ郵便局で・・・

という流れ。

怨霊とかも出てきますが、あんまり怖くはなくてキャラも個性的なのでハマる人はかなりハマるかも!

元々はラジオドラマが原作でそれを小説化したものらしいですね。

堀川アサコさんの『幻想シリーズ』の読む順番

続いては、堀川アサコさんの『幻想シリーズ』の読む順番を紹介して行きます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.幻想郵便局(2011年4月 講談社 / 2013年1月 講談社文庫)

2.幻想電氣館(2012年4月 講談社)
【改題】幻想映画館(2013年5月 講談社文庫)

3.日記堂ファンタジー(2012年8月 講談社)
【改題】幻想日記店(2014年1月 講談社文庫)※大幅改稿

4.幻想探偵社(2014年10月 講談社 / 2015年7月 講談社文庫)

5.幻想温泉郷(2016年12月 講談社文庫)

6.幻想短編集(2018年9月 講談社文庫)

7.幻想寝台列車(2019年4月New!!)

けっこう出てますね!

では、それぞれのあらすじについて簡単に見ていきましょう。

1.幻想郵便局(2011年4月 講談社 / 2013年1月 講談社文庫)

まずはシリーズ第1巻の『幻想郵便局』です。

就職活動中の主人公・阿倍アズサが特技「探し物」と書いて決まったアルバイト先は不思議な郵便局で・・・

というストーリー。

 

2.幻想電氣館(2012年4月 講談社)
【改題】幻想映画館(2013年5月 講談社文庫)

続いてはシリーズ第2巻の『幻想電氣館』です。この作品は文庫では『幻想映画館』に改題されていますが、内容は同じとなります。

ストーリーとしては主人公と場所が変わります。

幽霊が見える体質の女子高生・スミレはひょんなことから映画館に迷い込みますが、そこはちょっと不思議な映画館で・・・

というストーリー。

第1巻とは微妙につながりがあるので第1巻読了後に読むのがおすすめ!

 

3.日記堂ファンタジー(2012年8月 講談社)
【改題】幻想日記店(2014年1月 講談社文庫)※大幅改稿

続いてはシリーズ第3巻の『幻想日記店』です。こちらも第2巻と同様に、文庫版で改題されていますが、第3巻に関しては内容についてもけっこう変わっているので文庫版で読むのがおすすめ。

ストーリーとしては、無断で茶摘みをして地主の猩子に捕まった大学生・友哉が主人公。

無断茶摘みのバツとして猩子さんの日記店で働くことになるも、この日記店も一風変わっていて・・・

というストーリー。

 

4.幻想探偵社(2014年10月 講談社 / 2015年7月 講談社文庫)

続いてはシリーズ第4巻の『幻想探偵社』です。

この作品では、幽霊専門の捜査会社「たそがれ探偵社」に中学生の海彦とユカリが行き着き、そこで幽霊からの依頼を受けてしまい・・・

というストーリー。今回は人情系の物語です。

 

5.幻想温泉郷(2016年12月 講談社文庫)

続いてはシリーズ第5巻の『幻想温泉郷』です。ここからは文庫のみの発刊となります。

ストーリーとしては、舞台が再び郵便局に戻ります。

無事就職の決まった第1巻の主人公・アズサは、夏休みを利用して元バイト先の郵便局を訪れる。

すると、懐かしの面々から『罪を洗い流す温泉』を探す依頼を受け・・・

というストーリー。

正当な続編は第5巻なので、第1巻から一気に5巻に飛ぶのもありです。

 

6.幻想短編集(2018年9月 講談社文庫)

続いては、シリーズ第6巻の『幻想短編集』です。

この作品は、タイトルの通り短編集となります。郵便局、探偵社、電気館などがコラボしたストーリーになっているので、第5巻までを読んでから読むとなお楽しめます。

 

7.幻想寝台車 (講談社文庫)

最後はシリーズ第7巻の『幻想寝台車』です。2019/4/16に発売の最新刊ですね。

恋人に出ていかれた復讐のため、睡眠薬を大量に飲んだ篠原多聞。目を覚ますとそこは死神の村で・・・

というストーリー。

 

終わりに

ここまで堀川アサコさんの『幻想シリーズ』について概要と読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

堀川アサコさんの作品としては、他にも『予言村シリーズ』とか『竜宮電車シリーズ』とかがあるので、本シリーズに嵌った人はぜひ読んでみてください。

では今日はこの辺で。よい読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く