天久鷹央の推理事件カルテシリーズの読む順番

天久鷹央の推理事件カルテシリーズの読む順番

知念実希人による推理小説『天久鷹央の推理カルテ』シリーズ。

今日は、そんな『天久鷹央の推理カルテ』シリーズの読む順番について紹介していきます。

天久鷹央の推理カルテシリーズとは

読む順番について紹介する前に、簡単に天久鷹央の推理カルテシリーズについて概要を書いていきます。

小柄で童顔な天才である天久 鷹央(あめく たかお)が病院各科で診断不能とされた患者を診察することで難事件を解決していくという新しいスタイルが魅力のシリーズです。

主人公とコンビを組む語り手の小鳥遊 優(たかなし ゆう)が比較的常識人なので二人そろうととてもいい味を出しています。

これまでの病院のミステリは、院内での権力闘争とか、死亡事故の隠蔽とかそういう政治的な話が多かったですが、本書はそういった内容よりも医者としての能力で事件を解決していくので、痛快な感じです。

刊行順か時系列順で読むか

では読む順番について紹介していきます。

天久鷹央の推理カルテシリーズは、元々の『推理カルテシリーズ』と、天久 鷹央と小鳥遊 優の出会いを描いた前日譚としての『事件カルテシリーズ』に分かれます。

なので、読み方としては刊行順に読むというやり方と、時系列順に読むというやり方があります。

どちらでもよいかなとは思いますが、まずは定石通り刊行順に読んでいきたい人向けの読む順番を紹介します。

刊行順で読む読み方

推理カルテシリーズは以下の順序で刊行されています。

1.天久鷹央の推理カルテ
2.天久鷹央の推理カルテII ファントムの病棟
3.天久鷹央の推理カルテIII 密室のパラノイア
4.スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ
5.天久鷹央の推理カルテIV 悲恋のシンドローム
6.幻影の手術室 天久鷹央の事件カルテ
7.天久鷹央の推理カルテV 神秘のセラピスト
8.甦る殺人者 天久鷹央の事件カルテ


Amazon:天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)
楽天:天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫) [ 知念実希人 ]

時系列順で読む読み方

時系列順で読む読み方としては、前日譚に当たる『事件カルテシリーズ』を読み、そのあとで『推理カルテシリーズ』を読むというやり方です。

ただ、この読み方はシリーズが完結していないこともあり、やがて刊行順にならざるを得ないという弱点があります。

まあ、刊行順で読んだ後に、違った楽しみ方として時系列順で読みなおすというくらいの感覚でいるとよいのかなと思います。

現時点(2018年8月)までの時系列順で並べると以下の通りです。

1.スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ
2.幻影の手術室 天久鷹央の事件カルテ
3.甦る殺人者 天久鷹央の事件カルテ
4.天久鷹央の推理カルテ
5.天久鷹央の推理カルテII ファントムの病棟
6.天久鷹央の推理カルテIII 密室のパラノイア
7.天久鷹央の推理カルテIV 悲恋のシンドローム
8.天久鷹央の推理カルテV 神秘のセラピスト


Amazon:スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)
楽天:スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫) [ 知念実希人 ]

終わりに;シリーズ最新刊は2018年9月発売

2018年9月に事件カルテシリーズの最新刊『焔の狂気 天久鷹央の事件カルテ』が発売予定です。要チェックしておきましょう。


Amazon:火焔の凶器: 天久鷹央の事件カルテ
楽天:火焔の凶器 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫) [ 知念 実希人 ]

番外編:ラノベ調でない本格文学系ミステリーも

ちなみに、このシリーズの著者の知念 実希人さんは、ほかにも多数の医療系小説を出版しています。

「天久鷹央の〇〇カルテ」では、医療の話は確かにありますが、どちらかというとライトノベルのようなテイストです。

しかし、著者の別著作では本格的な医療ミステリーとして、社会に問題提起を投げかけるような作品もあります。あまりにも色合いが違うので別の著者かと思うほど。

個人的には『仮面病棟』から始まる病棟シリーズがオススメ。


仮面病棟 (実業之日本社文庫)