読む順番

渡辺裕之『冷たい狂犬シリーズ』の読む順番と各巻あらすじまとめ

渡辺裕之さんの著作『冷たい狂犬シリーズ』の読む順番と各巻あらすじをまとめていきます。

渡辺裕之『冷たい狂犬シリーズ』とは

『冷たい狂犬シリーズ』とは、渡辺裕之さんの『冷たい狂犬』から始まる一連のシリーズで、元公安調査官の影山夏樹を主人公にしたスパイアクションミステリーです。

ストーリーとしては、以下の通り。

日本のCIAと言われる公安調査官で諸外国から「冷たい狂犬」の異名で恐れられていた主人公は、現在では引退して喫茶店を経営。そこにかつての上司か秘密裏の依頼が舞い込み、主人公は再びスパイの舞台へと引きずり込まれていく…

展開が二転三転するようなプロットと、リアリティが高い国際情勢の描写などがウリの作品となっています。また主人公が有能なので安心感を持って読み進めることができるシリーズでもあります。

スパイ好きの人にはおすすめ。

 

渡辺裕之『冷たい狂犬シリーズ』の読む順番とあらすじ

では続いて、『冷たい狂犬シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行されている作品は以下の通り。

1.冷たい狂犬

2.紅の五星

3.北のジョーカー

4.死のマスカレード

それぞれのあらすじについて簡単に紹介していきます。

1.冷たい狂犬

まずはシリーズ第1巻の『冷たい狂犬』です。

公安庁を引退して喫茶店を営む主人公の元にかつての上司から「スパイの現場を取り押さえてほしい」との依頼が舞い込みます。

コンビを組む青木麗奈とともに取引現場のカジノにやってきた主人公を待ち受けていた物とは…

というストーリー。静かながらもアツイ情報戦が繰り広げられます。

 

2.紅の五星

シリーズ第2巻となる『紅の五星』では、本業の都合で訪れた東南アジアで、主人公の影山夏樹が恩師に遭遇。一時的な協力を依頼され「黄色五星」なるテロリスト集団の調査を行っていきます。

ちなみに本書は著者10周年作品の一つで、他のシリーズ本とも少しだけリンクしています。

 

3.北のジョーカー

シリーズ第3巻の『北のジョーカー』では、新聞記事にかつて主人公がフランスの看護婦と交わした秘密の暗号が掲載される事態が発生し慌ててフランスへ飛び立ちます。

そこで待ち受けていたのは彼女の失踪。その原因を追ううちに北朝鮮の伝説の諜報員・北のジョーカーも現れて…

というストーリー。強力なライバル登場の第3巻です。

 

4.死のマスカレード

シリーズ第4巻の『死のマスカレード』では、ヴェネツィアで開かれる米国抜きの主要5国によう「極秘マスカレード会議」に潜入。

しかし、会議には様々な妨害工作がなされており…

というストーリーです。今回の敵はかなり強力です。

 

終わりに

ここまで渡辺裕之さんの『冷たい狂犬シリーズ』の読む順番とあらすじについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

けっこう主人公無双!みたいなところがあるので、「スパイ小説は興味あるけど、重すぎる設定とか血なまぐさすぎるのはいや!」という人には本シリーズはオススメです。

ぜひ読んでみてください。

では、また!よい読書ライフを。

 

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く