読む順番

吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』の読む順番まとめ

吉田恭教さんの小説『変若水・向井俊介シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』とは

まずは吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』の概要を紹介していきます。

『変若水・向井俊介シリーズ』は、『変若水』から始まる一連の小説シリーズです。


変若水

「島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作」を受賞した作品でもあります。

ストーリーとしては、やる気のない厚生労働省勤務の職員・向井俊介を主人公としたミステリー小説で、業務でかかわった事件をきっかけに、その背後にある壮大な事件をも担当することになる!という流れです。

吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』の読む順番まとめ

続いて吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.変若水

2.ネメシスの契約

3.堕天使の秤(はかり)

それぞれ簡単にあらすじを紹介していきます。

1.変若水

まずはシリーズ第1巻の『変若水』です。

この作品では、厚生労働省職員の向井が、幼馴染の女医が変死したことをきっかけに、昔ながらの風習が残る山奥の村を調査します。

村で絶大な権力を誇る岩倉一族、一族以外誰も見てはならない怪しげな祭などクローズドな魅力が多彩な作品。


変若水

2.ネメシスの契約

続いてはシリーズ第2巻の『ネメシスの契約』です。

こちらでも同じく主人公・向井が事件にかかわっていきます。

医療ミス疑惑調査の最中に疑問を感じた向井が、その背後に隠れた事件を発見し…

というストーリー。

ピラニアより危険な魚カンデイルについても知ることができます。

 

3.堕天使の秤(はかり)

続いてはシリーズ第3巻の『堕天使の秤(はかり)』です。

交通事故を起こした偽装ナンバーのSUV車の搭乗者を調べると、睡眠薬で眠らされた2人が乗せられていたことが分かり、拉致事件も視野にいれて調査がスタートします。

一方主人公の向井は年金搾取の事件を調査しているが、この2つの事件がリンクし始めて…

というストーリー。

 

終わりに

ここまで吉田恭教『変若水・向井俊介シリーズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

同じ著者の別シリーズである『槙野・東條シリーズ』と比べると、より硬派な作品なのかなと思います。

読みごたえを求める人にオススメです。

ではまた。良い読書ライフを!

RELATED POST