化物語シリーズモンスターシーズンの順番とあらすじ

化物語シリーズモンスターシーズンの順番とあらすじ

西尾維新さん小説『物語シリーズ』

20巻以上を刊行し、いまなお続編の出続けている西尾維新さんの代表作ですね。

本記事では2019年現在シリーズ刊行中の最新編である『モンスターシーズン』の順番やあらすじを紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

化物語モンスターシーズンは大学時代の怪異話

まずは、そもそもモンスターシーズンって何?という人もいると思うので、簡単に概要を紹介していきます。

化物語シリーズは、表題作『化物語』から始まるファーストシーズン、続いてセカンドシーズン、ファイナルシーズンの3部作が本編です。

そのほかにも本編の閑話を描いた『オフシーズン』、そして終了後の続編として「モンスターシーズン」が刊行されています。

やべえ、本編未読だわ!という方はまずこちらへどうぞ↓

で、このモンスターシーズンですが、時系列としては本編の主人公・阿良々木暦が大学生になった時間軸となります。

大学で出会った新たな人脈や、高校時代のお馴染みの面々などを含め、相変わらず怪異に巻き込まれていく!というストーリーです。

ちなみに、モンスターシーズンのテーマは怪異にスポットライトを当てていて、怪異に対しより深く踏み込んでいくミステリー色の強いシリーズなのが特徴です。

化物語モンスターシーズンの読む順番とあらすじ

では、続いて化物語モンスターシーズンの読む順番とあらすじをまとめていきましょう。

1.忍物語 (講談社BOX)(しのぶものがたり) 忍野忍

2.宵物語 (講談社BOX)(よいものがたり)  八九寺真宵

3.余物語(あまりものがたり) 斧乃木余接

4.扇物語(おうぎものがたり) 忍野扇

5.死物語(上)(しのものがたり)  デストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスター

6.死物語(下)

現在刊行中ではありますが、全6冊で完結予定ということで各巻のタイトルとメインキャラの名前は公開されています。

では、以下ではすでに刊行中の作品についてその概要を紹介していきます。

1.忍物語(しのぶものがたり)のあらすじ

まずはモンスターシーズン第1巻の『忍物語(しのぶものがたり)』のあらすじを紹介していきます。

忍物語では大学生になった阿良々木暦が、卒業した母校・直江津高校でバスケ部部員が次々と失踪し、ミイラ化されて発見される事件を臥煙伊豆湖の依頼で調査していきます。

ミイラ化というと吸血鬼の関与も疑われ、容疑者に上がったのは忍の元マスターであるデストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスターだったが…

というストーリー。コメディ少なめのけっこうガチなミステリー小説となっています。

 

2.宵物語(よいものがたり)のあらすじ

続いてはモンスターシーズン第2巻の『宵物語(よいものがたり)』のあらすじを紹介していきます。

宵物語のメインは八九寺真宵となります。

ストーリーとしては、直江津高校の後輩の日傘星雨がもたらした小学生女子誘拐事件がテーマ。これを阿良々木暦、八九寺真宵、忍野忍、斧乃木余接らが調査していきます。

『まよいスネイク』、『まよいスネイル』の2作が収録されています。

 

3.余物語(あまりものがたり)のあらすじ

続いてはモンスターシーズン第3巻の『余物語(あまりものがたり)』です。


余物語

ストーリーとしては、老倉育から暦が「児童虐待の専門家」と聞いた大学語学の准教授から呼び出された阿良々木暦が「我が子を虐待している自分を助けてほしい」という依頼を受け、斧乃木余接とともにその虐待現場に向かうと…

というお話。2019年4月17日発売予定!

 

4.扇物語(おうぎものがたり)のあらすじ(未)

続いてはモンスターシーズン第4巻の『扇物語(おうぎものがたり)』です。

こちらはまだ未発売ですが、忍野扇がメインキャラということだけ公開されています。

5.死物語(上)(しのものがたり)のあらすじ(未)

続いてはモンスターシーズン第5巻の『死物語(上)(しのものがたり)』です。

こちらについてもまだ未発売です。

6.死物語(下)のあらすじ(未)

続いてはモンスターシーズン第5巻の『死物語(上)(しのものがたり)』です。

こちらについてもまだ未発売ですが、シーズン完結編ということでデストピア・ヴィルトゥオーゾ・スーサイドマスターの秘密に迫っていくものと思われます。

終わりに

ここまで化物語モンスターシーズンの順番とあらすじを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

西尾維新さんの作品の中でも最長の作品がこの化物語シリーズです。

アニメ版や漫画版などもいろいろ出ているので、好きなメディアでぜひ楽しんでみてください。

ではまた。よい読書ライフを。