読む順番

『妖怪の子預かりますシリーズ』の読む順番とあらすじまとめ【廣嶋玲子著】

廣嶋玲子さんの小説『妖怪の子預かりますシリーズ』の読む順番とあらすじをまとめていきます。

ひょんなことから鳥天狗に拉致され、子預かり妖怪うぶめが戻ってくるまで妖怪の預かり屋をせよ、と命じられるというストーリーですね。

最新刊もグイグイ出ていて、今勢いのあるシリーズです。

では始めていきます。よろしくお願いいたします。

廣嶋玲子『妖怪の子預かりますシリーズ』のあらすじ

まずは、廣嶋玲子さんの小説『妖怪の子預かりますシリーズ』のあらすじについて紹介していきます。


妖怪の子預かります 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

あらすじとしては、養い親である按摩、千弥と共におんぼろ長屋暮らしをしていた主人公・弥助(12歳)が、ひょんなことから鳥天狗に拉致され、子預かり妖怪うぶめが戻ってくるまで妖怪の預かり屋をせよ、と命じられるというストーリー。

弥助のもとには様々な子妖怪たちが訪れるようになり、ドタバタな日常が始まります。

漫画版も出ています↓


妖怪の子預かります 1 (BLADE COMICS)

廣嶋玲子『妖怪の子預かりますシリーズ』の読む順番

続いては『妖怪の子預かりますシリーズ』の読む順を紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.妖怪の子預かります 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

 

2.うそつきの娘 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

 

3.妖たちの四季 (妖怪の子預かります3) (創元推理文庫)

 

4.半妖の子 (妖怪の子預かります4) (創元推理文庫)

 

5.妖怪姫、婿をとる (妖怪の子預かります5) (創元推理文庫)

 

6.猫の姫、狩りをする (妖怪の子預かります6) (創元推理文庫)

 

7.妖怪奉行所の多忙な毎日 (妖怪の子預かります7) (創元推理文庫)

 

8.弥助、命を狙われる (妖怪の子預かります8) (創元推理文庫)

9.妖たちの祝いの品は(2019年12月11日)

 

2019年6月現在の最新刊は第8巻です!

漫画版『妖怪の子預かりますシリーズ』について

小説原作の『妖怪の子預かりますシリーズ』ですが、コミカライズ版も出版中。

こちらについてはまだ第1巻だけですが、順次増えていく模様。

 

終わりに

ここまで『妖怪の子預かりますシリーズ』のあらすじと読む順番を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ハートフル妖怪小説シリーズということで、畠中恵さんの『しゃばけシリーズ』などと近いテイストのシリーズかなと個人的には思っています。

妖怪たちの愉快な日常を垣間見たい人は、ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く