読む順番

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」の読む順番あらすじまとめ

isekihakkutusi-warawanai

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」の読む順番とあらすじをまとめていきます。

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」のあらすじまとめ

isekihakkutusi-warawanai

まずは「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」のあらすじを簡単に紹介していきます。

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」は、桑原水菜さんによる作品です。

亀石発掘派遣事務所に転職した永倉萌絵と、その会社に所属する天才発掘師・西原無量(21)が主人公

萌絵と無量は大学の調査チームにやとわれて古墳へと赴くが、そこで殺人事件が発生し・・・

というストーリー。大体いつも派遣先で事件が発生します。

ちなみに本書では毎回違う実在の遺跡に赴くので、もれなく遺跡名が覚えられるという社会の勉強にもなる作品です。

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」の読む順番まとめ

続いて「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠

まずはシリーズ第1巻です。

亀石発掘派遣事務所社員の萌絵とエースの無量が、奈良の古墳から出土した宝玉を調査します。

 

2.遺跡発掘師は笑わない 出雲王のみささぎ

シリーズ第2巻です。今度は根県出雲市にあるいわくつきの神域に派遣されます。

無量が青銅製の髑髏を掘り当てた途端、地元名家の跡継ぎが発掘現場で遺体で見つかり……

 

3.遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架

続いては第3巻『遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架』です。

今度は島原のキリシタン遺跡に赴き、黄金の十字架を発掘します。しかし、その十字架には不可解な点もあり・・・

 

4.遺跡発掘師は笑わない 悪路王の右手

続いては第4巻『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の右手』です。

こちらでは陸前高田の神社跡で発掘された「指が3本しかない右手の骨」をめぐるミステリーが描かれます。

復興発掘や文化財レスキューにも言及した作品。第5巻とセットなので連続で読むとよいです。

 

5.遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手

第5巻『遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手』では、岩手の祖波神社跡で「三本指の右手」に続き「金の薬指」を掘り当ててその全体像が徐々に明らかに。

さらに骨とう品泥棒たちの影も見えてきて・・・

 

6.遺跡発掘師は笑わない 元寇船の眠る海

続いては第6巻『遺跡発掘師は笑わない 元寇船の眠る海』です。

長崎県鷹島に沈む元寇船を調査します。そこで発見された銅銭と短剣がいわくつきで・・・

この巻では完結せず、第7巻とセットです。

 

7.遺跡発掘師は笑わない 元寇船の紡ぐ夢

第6巻の後編です。海底遺跡で発見された黄金の短剣を何者かに奪われその犯人を調査するが・・・

 

8.遺跡発掘師は笑わない 君の街の宝物【短編集】

続いてはシリーズ初の短編集である『遺跡発掘師は笑わない 君の街の宝物』です。

こちらではイースターのようなハートフル系の宝物探しが描かれる番外編となっています。

箸休めにおすすめ!

 

9.遺跡発掘師は笑わない 縄文のニケ

第9巻では、再び長編に戻ります。今度は長野県諏訪地方の御座遺跡で発掘を行います。

そこで無量は祖父の起こした事件で因縁のある人物と出会い・・・

 

10.遺跡発掘師は笑わない 勤王の秘印

続いては第10巻です。今度の舞台は亀石発掘派遣事務所の所長・亀石の家の庭。

「庭から銅印が出た」との連絡を受け、無量と萌絵が調査に向かいます。

 

「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」のコミックス情報

ちなみに「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」ですが、漫画化もなされています。

イラストは睦月ムンクさんで、2019年8月現在では第3巻まで刊行中。

ちなみに「西原無量のレリック・ファイルシリーズ」はタイトル改題前で内容は同じなので注意。

1.遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠1

 

2.遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠2

 

3.遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠3

 

終わりに

ここまで「遺跡発掘師は笑わないシリーズ」の読む順番とあらすじをまとめていきましたが、いかがだったでしょうか。

遺跡発掘というテーマは珍しいので、考古学好きな人はぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

↓個人的におすすめな考古学本

荒山徹『神を統べる者シリーズ』の読む順番荒山徹さんの歴史小説『神を統べる者シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 よろしくお願いいたします。 荒山徹『神を統べる者シリ...
古代中国を楽しく学ぶ!後宮小説おすすめまとめ古代中国の皇帝の側室(愛人)たちを集めた場所、それが「後宮」です。 と、歴史の授業などでは習いますが、実際後宮ってどんな感じなんだ...
高田祟史『神の時空シリーズ』の読む順番まとめ高田祟史『神の時空シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 高田祟史『神の時空シリーズ』とは 神の時空シリーズとは高田崇史による小説...
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く