読む順番

浅葉なつ『神様の御用人シリーズ』の読む順番とあらすじまとめ

kamisamanogoyounin

浅葉なつさんの小説『神様の御用人シリーズ』の読む順番とあらすじをまとめていきます。

ハートフル系お使いトラベルです。

動画版も作りました!

浅葉なつ『神様の御用人シリーズ』とは

まずは『神様の御用人シリーズ』の概要とあらすじを紹介していきます。


神様の御用人 (メディアワークス文庫)

『神様の御用人シリーズ』は浅葉なつさんの小説です。

ある日突然、祖父のあとを継いで神様の御用人(パシリ)を任命されたニートの主人公・良彦が、キツネの姿の方位神・黄金(こがね)とともに様々な神々の願いをかなえていくというストーリー

神が願いをかなえるのでなく、神の願いをかなえるという点が新しいですね。

テイストとしては、ハートフルな短編集といった感じで、神々は意外と親しみがあって悩みを抱えているので、むしろ神々に感情移入する人も多いかもです。

主人公たち⇒悩みを持つ神々⇒神々の氏子

というようなG to G to C(B to Cみたいなノリで)なビジネスモデルが多いのも特徴です。

浅葉なつ『神様の御用人シリーズ』の読む順番

では続きまして、そんな『神様の御用人シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.神様の御用人 (メディアワークス文庫)

・・・出会いと始まりの第1巻!

2.神様の御用人 (2) (メディアワークス文庫)

・・・神様の無茶振り度アップ

3.神様の御用人 (3) (メディアワークス文庫)

・・・手ごわい神様たち!

4.神様の御用人 (4) (メディアワークス文庫)

・・・和歌山出張!

5.神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫)

・・・体制変更あり!九州へGo!

6.神様の御用人 (6) (メディアワークス文庫)

・・・東京デビュー!

7.神様の御用人7 (メディアワークス文庫)

・・・朝になると記憶を失う月読命の話

8.神様の御用人8 (メディアワークス文庫)

・・・とある神様の引退問題

漫画版『神様の御用人シリーズ』について

ちなみに小説が原作の『神様の御用人シリーズ』ですが、コミカライズ版も出ています。

絵はユキムラさんが担当!2019年7月現在は第4巻まで刊行中。

1.

2.

3.

4.

 

終わりに

ここまで『神様の御用人シリーズ』のあらすじと読む順番を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

むちゃくちゃ笑える!とかそんな感じではないですが、じっくりじわりといい話が揃った作品です。あと、地味に日本の神々とかにも詳しくなれます。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!


神様の御用人 ライトノベル 1-8巻セット

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く