読む順番

理系ミステリー!化学探偵Mr.キュリーシリーズの読む順番と各巻あらすじまとめ

化学探偵Mr.キュリーシリーズを紹介していきます。

化学探偵Mr.キュリーシリーズとは

まずは化学探偵Mr.キュリーシリーズとはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)

化学探偵Mr.キュリーの探偵役は、通称Mr.キュリーと呼ばれ、化学オタクで知られる准教授・沖野春彦。

そんな彼の下に、大学の新人事務員の七瀬舞衣が、学内の事件を持ち込んでいく、というストーリーです。

シリーズの特徴としては

・短編形式でテンポが早く読みやすい

・化学について詳しくなれる

・男女のペアだけど恋愛要素は薄め

といった感じ。化学とミステリーを同時に読みたい人におすすめです。

では以下では各巻のあらすじと読む順番を見ていきましょう

化学探偵Mr.キュリーシリーズの読む順番とあらすじまとめ

化学探偵Mr.キュリーシリーズの読む順番とあらすじをまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

ではそれぞれの巻のあらすじを簡単に紹介していきます。

1.化学探偵Mr.キュリー

まずはシリーズ第1巻の『化学探偵Mr.キュリー』です。

こちらでは、主要人物2人の出会いからいくつかの事件を解決するところが描かれます。

構内に掘られた穴から見つかった化学式の暗号、教授の髪の毛が突然燃える人体発火、ホメオパシーでの画期的な癌治療、更にはクロロホルムを使った暴行などを調査します!

 

2.化学探偵Mr.キュリー2

続いてはシリーズ第2巻です。

こちらでは、鉄を溶かす炎の魔法、密室に現れる人魂、過酸化水素水を用いた爆破予告、青酸カリによる毒殺などを調査していきます。

 

3.化学探偵Mr.キュリー3

続いてはシリーズ第3巻です。

こちらでも同じくMr.キュリー(沖野春彦)と庶務課の七瀬舞衣のペアが事件を解決していくのですが、新しいのは沖野のライバル・氷室が登場すること。

化学で張り合うのかと思ったら、彼は沖野より早く事件を解決してやる!と宣言し、化学探偵同士のスピード勝負が始まります。

 

4.化学探偵Mr.キュリー4

続いてはシリーズ第4巻です。

こちらでは舞衣とは高校時代のクラスメートでアイドルをしている美間坂剣也(みまさか けんや)が登場。

彼も事件の調査に乗り出すが・・・

というストーリー。

 

5.化学探偵Mr.キュリー5

続いてはシリーズ第5巻です。

化学サークルによる「甘い物質」合成対決、サ行の発音がおかしくなった同級生の原因、四宮大生を狙う奇妙な仮面の男の正体などを調査していきます。

調査の途中で冷蔵庫に閉じ込められるハプニングもあり…

 

6.化学探偵Mr.キュリー6

シリーズ第6巻は、初の長編となります。

アメリカから十六歳で大学に入った化学の天才留学生・エリーがやってきて、沖野の研究室で天然素材「トーリタキセルA」の全合成に挑んでいきます。

しかし実験は最後の最後で失敗に終わるも、その原因には何かあるようで・・・

 

7.化学探偵Mr.キュリー7

続いてはシリーズ第7巻です。

こちらでは主人公である沖野と麻衣はあまりで出来ず、わき役たちにスポットの当たった作品となっています。

猫柳課長が大学で遭遇した猫虐待事件。美間坂剣也がCM出演オファーを受けた「酔わない酒」の謎。沖野を理解すべく、氷上一司が挑む学生の記憶喪失事件など全7編を収録!

 

8.化学探偵Mr.キュリー8

続いては2019年6月20日に発売予定のシリーズ第8巻です。

こちらでは理学部の排水から検出された覚醒剤の謎、大学内で撮影された爆破動画などを沖野とライバルの氷上が調査して言います。

 

終わりに

ここまで化学探偵Mr.キュリーシリーズについて紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

がちがちの理系にはちょっと物足りないかもですが、化学が苦手な人が化学に興味を持つきっかけとしては最適なシリーズです。

ぜひ読んでみてください。

作者の喜多 喜久 さんは他にも科学ミステリー系をいろいろ出しているのでそちらも併せて読むのもオススメ。

 

では今日はこの辺で。良い読書ライフを!