小説レビュー

幻想古書店で珈琲をシリーズ読む順番と番外編まとめ

蒼月海里さんの小説『幻想古書店で珈琲を』シリーズの読む順番と番外編情報をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

広告

蒼月海里『幻想古書店で珈琲を』シリーズとは

まずは、蒼月海里さんの小説『幻想古書店で珈琲を』シリーズの概要を紹介していきます。

『幻想古書店で珈琲を』シリーズは、ふしぎな古書店の店主・亜門とそこで働くことになった主人公の若者・名取司とそこに訪れるお客さんの物語。

 

ストーリーとしては、新卒で入った会社が倒産して途方に暮れる新入社員・名取司が、コーヒーの香りに誘われて古書店『止まり木』に迷い込むところから物語がスタートします。

この古書店の店主・亜門は魔法使いで、『止まり木』も「本や人との「縁」を失くした者の前にだけ現れる」という魔法の古書店。

失業中の名取司はこの不思議な古書店で働くことになり…

というストーリー。ハートフル系です。

『幻想古書店で珈琲を』シリーズの読む順番

続いて、幻想古書店で珈琲をシリーズの読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の本編作品は以下の通り。※リンクはAmazonに飛びます

第7巻で完結となっています。

『幻想古書店で珈琲を』番外編情報

幻想古書店で珈琲をシリーズの番外編としては、『幻想古書店で珈琲を―賢者からの贈り物』という作品が出ています。

番外編では亜門が同人誌即売会に行ったりするサイドストーリー5つが描かれます。

本編読了後にどうぞ!

 

終わりに

ここまで蒼月海里さんの小説『幻想古書店で珈琲を』シリーズについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

最近完結したもののいまだ番外編が出版されたりと人気は健在!

まだまだ伸びる小説かなと思うので、ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です