シリーズごと

【ドラマ化続編2021】藤崎翔『やっぱりおしい刑事シリーズ』原作小説の読む順番まとめ

本記事では2021年3月よりドラマ続編の放送予定である藤崎翔さんの小説『おしい刑事シリーズ』について

  • あらすじ
  • 原作読む順番
  • ドラマ化情報

を解説する内容です。

お疲れ様です、(麻雀などで)怒涛の追い上げからの最後で2択を外すと評判のたkるです。

そんな自分が最近着目している小説がありまして、それが藤崎翔さんの『おしい刑事シリーズ』です。

この作品の主人公・押井刑事は、犯人のトリックを見破る能力が高いのに、惜しいところで取り逃してしまうと言う不運の男。

たkる
たkる
ご都合主義の多いミステリー主人公において異例の存在です

今日は、そんな惜しい刑事の物語「おしい刑事シリーズ」の読む順番をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

広告

【あらすじ】藤崎翔『おしい刑事シリーズ』とは?惜しいミスを犯す警察コメディです

oshiikeiji

まずは、藤崎翔『おしい刑事シリーズ』の概要を紹介します。

『おしい刑事シリーズ』は、ダブルミーニングなタイトルとなっています。

一つ目の意味は主人公の刑事の名前が押井(おしい)である点、そしてもう一つがその押井刑事の推理が、いつも惜しいところでうまくいかないという点。

本書のストーリーとしては、押井刑事が難事件の捜査を行い、非常に論理的な推理をするも、なぜかそういう星の下に生まれているのか、予想外の角度からの横やりが入りうまくいかない、というのが王道の流れとなっています。

ミステリー小説では噛ませ枠みたいなのがいるのはよくあることですが、本書の新しいところはマジで惜しいという点。

「これはさすがに疑う余地がないな!」

と思っていたら、

「そうきたか・・・」

というような角度から惜しい刑事になってしまう、というところの意外性を楽しめる作品です。

たkる
たkる
ややコメディ色強めです

【続編刊行情報】『おしい刑事シリーズ』の原作小説読む順番まとめ

続いて藤崎翔『おしい刑事シリーズ』の読む順番を見ていきましょう。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.『おしい刑事』

 

2.『恋するおしい刑事』

 

それぞれの概要をかんたんに紹介します。

1.『おしい刑事』

まずは、シリーズ第1巻の『おしい刑事』です。

この小説では、優れた推理力を持ちつつもいつも思わぬ展開により犯人逮捕に行きつけない不運な刑事・押井が6つの事件を対応していきます。

 

2.『恋するおしい刑事』

続いてはシリーズ第2巻の『恋するおしい刑事』です。

こちらでは新人の女性刑事・灰田絵奈とバディを組んでいくという新たな設定が追加されています。

こちらでは5つの事件を対応します。

 

『やっぱりおしい刑事シリーズ』のドラマ化について【2021年3月より続編放送予定】

続いては、藤崎翔『おしい刑事シリーズ』のドラマ化情報について紹介します。

この『おしい刑事シリーズ』ですが、風間俊介主演で2019年5月よりテレビドラマ化され、NHK BSプレミアム「プレミアムドラマ」枠で放送済み。

さらに2021年3月7日よりNHK BSプレミアムで続編も決まったそうです。
(毎週日曜夜10:00〜)

ドラマ続編:「やっぱり惜しい刑事」(2021/3/7 22:00〜

主なキャストは以下の通り。

  • 押井敬史 – 風間俊介
  • 横出徹 – 犬飼貴丈
  • 灰田絵奈 – 石川恋
  • 長宗我部正善 – 鶴見辰吾
  • 伊多田清 – 板尾創路
  • 榎下主税 – 佐野史郎
たkる
たkる
配信情報としては、NHKオンデマンドとAmazonでも行けるときがあったっぽい!

終わりに

ここまで藤崎翔『おしい刑事シリーズ』の読む順番について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

探偵役の推理がいつも微妙に当たらないという新しいスタイルの作品です。

ドラマも放映中なので、ぜひ一度見てみてください。

きっと新たな何かを得られるはずです。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です