【全7巻完結】「天命探偵・真田省吾シリーズ」の読む順番とあらすじまとめ!

【全7巻完結】「天命探偵・真田省吾シリーズ」の読む順番とあらすじまとめ!

『タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾―』から始まる神永学さんの小説「天命探偵 真田省吾シリーズ」の読む順番とあらすじをまとめていきます。

「次どれ読めばええねん…」と途方に暮れている人の参考になれば幸いです。

では始めていきます。

天命探偵 真田省吾シリーズとは

まずは、天命探偵 真田省吾シリーズの概要について説明します。

この天命探偵真田省吾シリーズは神永学さんの小説で、現在第7巻まででているシリーズとなります。

厳密に言うと、『天命探偵 真田省吾』シリーズが4巻と、その続編となる『天命探偵 Next Gear』シリーズが3巻で計7巻です。

ストーリーとしては、元刑事の山縣に育てられ、彼とともに探偵事務所「ファミリー調査サービス」を営む青年・真田省吾が主人公の物語です。

第1巻では夢で殺人事件を予見できる能力を持った少女・中西志乃が探偵事務所を訪れるところからスタートし、彼女の見た夢を頼りに事件を解き明かしていきます。

設定だけ見るとSF系のようにも見えますが、実際にはとっかかりの部分だけ事件が予見されるものの、あとは足で手掛かりを求めて犯人を追い詰めていくという推理アドベンチャー小説。

読みやすい文体で、かつ展開もスピード感があって気が付いたら読み終わっている!というような臨場感が魅力です。

天命探偵 真田省吾シリーズの読む順番とあらすじ

では続いて。天命探偵 真田省吾シリーズの読む順番と各巻のあらすじをまとめていきます。

2018年12月現在で出版されている天命探偵 真田省吾シリーズは以下の通り。

◆『天命探偵 真田省吾』シリーズ

1.タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾―

2.スナイパーズ・アイ―天命探偵 真田省吾2―

3.ファントム・ペイン―天命探偵 真田省吾3―

4.フラッシュ・ポイント―天命探偵 真田省吾4―

◆『天命探偵 Next Gear』シリーズ

5.クロノス―天命探偵 Next Gear―

6.アレス―天命探偵 Next Gear―

7.アトラス―天命探偵 Next Gear―

それぞれのあらすじを簡単に紹介していきます。

1.タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾―

第1巻のタイムラッシュは、シリーズ導入編。

夢で殺人を予見できる能力をもつ少女・中西志乃の依頼を受け、雲をつかむような調査を開始します。

独特の表現と展開の圧倒的スピード感で多くのファンを獲得した1冊。

 

2.スナイパーズ・アイ―天命探偵 真田省吾2―

第2巻では、白昼堂々行われた発砲事件を調査します。事件を追ううちに5年前に発生した立てこもり事件に行きつき・・・

というストーリー。

立てこもり事件特有の踏み込むか踏み込まないべきか、みたいな葛藤を考えさせられる作品です。

 

3.ファントム・ペイン―天命探偵 真田省吾3―

第3巻のファントムペインでは、予知夢により探偵事務所の仲間たちの死が予見される。一方で、亡霊と呼ばれる麻薬王が脱獄する事件も発生しており・・・

というストーリー。

彼らは運命を変えて生き残ることができるのか!?というのが見どころです。

 

4.フラッシュ・ポイント―天命探偵 真田省吾4―

第4巻のフラッシュ・ポイントはシーズン1の完結編。

志乃の見た夢をきっかけに、今回は国家犯罪レベルの大事件に首を突っ込むことに。

運命を変えたことによる思わぬ影響も出てしまい・・・

 

 

5.クロノス―天命探偵 Next Gear―

ここからはセカンドシーズンです。

警察庁警備部公安課内に密かに組織された〈次世代犯罪情報室〉では、前巻で凶弾に倒れ、いまだ昏睡状態の志乃の夢を使い、人の死を予見するクロノスシステムが作動。

主人公・真田省吾は、クロノスシステムに従って死の運命を塗り替えていきます。

6.アレス―天命探偵 Next Gear―

シリーズ第6巻の『アレス』では、過激派の秘密結社〈愛国者〉と凶悪な白髪の闘神〈アレス〉という敵と対峙。

敵も事件もどんどんスケールアップしていき目が離せない1冊です。

 

7.アトラス―天命探偵 Next Gear―

シリーズ完結編です。

シリーズ第7巻のアトラスでは、クロノスにより次の暗殺ターゲットが上司の唐沢であることを知った主人公たちが、その暗殺阻止に奔走します。

一方で今だ昏睡状態が続く志乃の容態はどうなるのか・・・

終わりに

ここまで『天命探偵 真田省吾シリーズ』の読む順番とあらすじをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

まだまだ続くかと思っていたら第7巻でシリーズ完結とのことで驚かされました。

かなり疾走感のある展開なので、今後映像化などの話も来るかと思いますので、完結してから読もうと思っていた人は今がチャンス。

読みやすくて展開の早いミステリーを求める人におすすめです。

機会があったら是非読んでみてください。

マンガ化もされています↓