読む順番

高田郁『あきない世傳金と銀シリーズ』の読む順番まとめ

高田郁さんの『あきない世傳金と銀』シリーズの読む順番をまとめていきます。

高田郁『あきない世傳金と銀』シリーズ

まずは、『あきない世傳 金と銀』シリーズとはどんな物語なのかを紹介していきます。

『あきない世傳 金と銀シリーズ』は、『みをつくしシリーズ』などで知られる高田郁さんの作品で、商人をテーマにした時代小説です。

ストーリーとしては、江戸時代の不況・享保期に学者の子として生まれた幸を主人公にして、「商業は詐欺である」と教えられた幸が、呉服屋に奉公に出されます。

そして徐々にその才能を見込まれ、商いの本質を知っていく!という物語。

日本では依然として商業はズルい!みたいな流れもあるので、本書を読むとイメージが変わる!という人もいるかも。

高田郁『あきない世傳金と銀』シリーズの読む順番

続いて、『あきない世傳 金と銀』シリーズの読む順番について紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.あきない世傳 金と銀 源流篇

2.あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇

3.あきない世傳 金と銀(三) 奔流篇

4.あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇

5.あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

6.あきない世傳 金と銀(六) 本流篇

一応番号が振られていますが、●●編となっているので間違えないように注意しましょう。

では、それぞれの巻のあらすじを簡単に紹介していきます。

1.あきない世傳 金と銀 源流篇

まずは、シリーズ第1巻の『あきない世傳 金と銀 源流篇』では、学者の子として「商は欺なり」という教えを受けた幸が、父や兄の死を経て商人の家に方向に出されます。

そしてそこで一生懸命に働くうちに幸は徐々に力を発揮していく!というストーリーです。

 

2.あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇

シリーズ第2巻の『あきない世傳 金と銀(二)早瀬篇』では、第1巻同様に目まぐるしい展開が続きます。

長男が頼りないため、幸を後妻として迎える事にした五鈴屋だが…というストーリー。

 

3.あきない世傳 金と銀(三) 奔流篇

シリーズ第3巻の『あきない世傳 金と銀(三)奔流篇』では、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、十七歳で未亡人となった幸の奮闘が描かれます。

幸はどのように商いと向き合い、どのような決断を示すのか?

鉄器の第三巻です。

 

4.あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇

シリーズ第4巻の『あきない世傳 金と銀(四)貫流篇』では、外部の環境がやや明るくなります。長く続いた景気が回復し始め、呉服屋の五鈴屋も順調に勢力を拡大します。

しかし、五代目当主がプライドを傷つけられる事件が発生し…

というストーリー。

 

5.あきない世傳 金と銀(五) 転流篇

シリーズ第5巻の『あきない世傳 金と銀(五)転流篇』では、五鈴屋の六代目店主の女房となった幸が、さらなる奮闘をしていきます。

不幸が続きますが、幸は持ち前の粘り強さで跳ね返していきます。

 

6.あきない世傳 金と銀(六) 本流篇

2019年2月19日発売のシリーズ第6巻の『あきない世傳 金と銀(六)本流篇』では、六代目当主の智蔵が病に倒れます。

「女名前禁止」の掟に対し、幸の取った選択とは?

というストーリー。

 

終わりに

ここまで高田郁さんの『あきない世傳金と銀』シリーズの読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

商いの本質について知ることのできる作品となっています。

商業に興味がある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

では、また。良い読書ライフを。

 

 

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く