読む順番

今野敏『安積班シリーズ』の読む順番!最新刊は炎天夢

今野敏作の警察小説『安積班シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

お台場などの湾岸地域を管轄する警視庁東京湾臨海警察署を舞台に、安積警部(ハンチョウ)の率いる安積班の活躍を描いた警察小説です。

よろしくお願いいたします。

たkる
たkる
1988年から続いている長寿シリーズ本です。いまだに新刊出てます。

 

今野敏作の警察小説『安積班シリーズ』のあらすじ

azumi-synopsisまずは今野敏作の小説『安積班シリーズ』のあらすじを簡単に紹介していきます。

安積藩シリーズでは、お台場などの湾岸地域を管轄する警視庁東京湾臨海警察署を舞台に、安積警部の率いる安積班の活躍を描いた警察小説となっています。


二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)

大きく以下の3つのパートに分かれており、ベイエリア分署が一度解散されたのち、神南編では原宿の神南署を舞台となっており、東京湾臨海編で再びベイエリアに戻ってきます。

  • 1.東京ベイエリア分署編
  • 2.神南編
  • 3.東京湾臨海編

以下でそれぞれの読む順番を紹介していきます。

『安積班シリーズ』の読む順番

azumi-order続いては『安積班シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

たkる
たkる
1.東京ベイエリア分署編、2.神南編、3.東京湾臨海編、の順番です

ベイエリア分署の読む順番

まずは第一部のベイエリア分署の読む順番を紹介していきます。

神南署編の読む順番

続いては第二部・神南署編の読む順番を紹介していきます。

4.蓬莱

 

5.イコン

 

6.警視庁神南署

 

7.神南署安積班

東京湾臨海署安積班の読む順番

最後は第三部の東京湾臨海署安積班の読む順番を紹介していきます。

8.残照

 

9.陽炎 東京湾臨海署安積班

 

10.最前線 東京湾臨海署安積班

 

11.半夏生 東京湾臨海署安積班

 

12.花水木 東京湾臨海署安積班

 

13.夕暴雨 東京湾臨海署安積班

 

14.烈日 東京湾臨海署安積班

 

15.晩夏 東京湾臨海署安積班

 

16.捜査組曲 東京湾臨海署安積班

 

17.潮流 東京湾臨海署安積班

 

18.道標 東京湾臨海署安積班

炎天夢 東京湾臨海署安積班

 

番外編

azumihan-spinoff続いては番外編情報です。

番外編として『安積班読本』というものがあり、その中には短編の「境界線」が収録されております。

さらに、登場人物紹介、全作品解説、安積班マップなど、シリーズの魅力を余すところなく網羅!

 

安積班シリーズのドラマ化情報『ハンチョウ〜神南署安積班〜』

azumihan-drama続いてはドラマ化情報です。

実はこの安積班シリーズは2009年にドラマ化がなされており、そのタイトルが「ハンチョウ〜神南署安積班〜」となっています。

主なキャストは以下の通り。

  • 安積剛志(ハンチョウ) – 佐々木蔵之介
  • 村雨秋彦 – 中村俊介
  • 須田三郎 – 塚地武雅
  • 水野真帆 – 黒谷友香
  • 黒木和也 – 賀集利樹
  • 桜井太一郎 – 山口翔悟
たkる
たkる
俳優のほうの中村俊介です!(サッカー選手のほうでない)

計6シリーズ放送されていて、2019年にも単発2時間ドラマ化がなされています。

  • シーズン1~4:『ハンチョウ〜神南署安積班〜』(2009年〜2011年)
  • シーズン5~6:『ハンチョウ〜警視庁安積班〜』(2012年〜2013年)
  • 単発:「警視庁東京湾臨海署〜安積班」(2019年)

 

終わりに

ここまで今野敏作の警察小説『安積班シリーズ』の読む順番をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

かなり長く続いているシリーズ本ではありますが、2019年からさらに『今野敏サスペンス 警視庁東京湾臨海署~安積班』としてドラマ化もされており、さらに人気が出ています。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く