読む順番

【不幸探偵ドラマ化決定!】『葉村晶(ハムラアキラ)シリーズ』原作読む順番まとめ!最新刊は「不穏な眠り」

hamuraakira

若竹七海さんの小説『葉村晶シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

主人公があまりにも不幸なことから不幸探偵シリーズと呼ばれることもあるそうですね。

ちなみに2019年12月現在の最新刊は『不穏な眠り』(2019年12月5日発売)です。

また、2020年1月よりドラマ化が決まったそうです!

その辺も合わせて紹介していきます。

では始めていきます。

 

若竹七海『葉村晶シリーズ』とは

まずは、若竹七海『葉村晶シリーズ』とはどんなお話なのかを見ていきましょう。

hamuraakira

『葉村晶シリーズ』は主人公の女性探偵・葉村晶が事件を解決していくというストーリーです。

第1巻の『プレゼント』では、葉村晶が出ない話とかもけっこうあり、意外とフリーダムな構成が特徴。

また、本シリーズの特性として主人公の葉村晶がかなりの不幸体質だというのも新しいポイントで、仕事の進め方は完璧だったのに思わぬ不幸によってピンチになったり、とかも本シリーズならではの展開ではあります。

文章は淡々としていますが無駄がなくて読みやすい文体で、主人公もクールなので全体としてマッチしているなと個人的には思います。

ほわっとしたタイトルやあっさりした文体に反して、キャラはけっこう濃くてブラックな終わり方の話も多いので好き嫌いは割と分かれるかも!

自分は好きです。

若竹七海『葉村晶シリーズ』の読む順番

hamuraakira-jyunban

では、続いて若竹七海『葉村晶シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

余談ですが『プレゼント』だけ版元が違うみたいですね。

では、それぞれの巻のあらすじを簡単に紹介していきます。

1.プレゼント

シリーズ第1巻の『プレゼント』は短編集です。刊行順的にはもっとも古いですが、このときはまだシリーズ化を意識していなかったのか、葉村晶が出る話がいくつかある!くらいの感覚。

ただ一応ここから読んでおくと後でネタバレを食らわないので幸せになれます。

 

2.依頼人は死んだ

シリーズ第2巻の『依頼人は死んだ』も短編集です。こちらでは全9編が収録。こちらでは主に主人公・葉村晶の活躍を描きます。自殺の原因を探る話が多め。

 

3.悪いうさぎ

シリーズ第3巻の『悪いうさぎ』は、シリーズ初長編です。

葉村昌が少女の失踪事件を追ううちに、とある事件に行きつき…

というストーリー。相変わらずかなりブラックな内容となっています。

 

4.さよならの手口

シリーズ第4巻の『さよならの手口』では、40代となり探偵を休業した葉村晶が古本屋での業務中に白骨死体を発見し入院。そこで同室の女性から12年前に失踪した娘の捜索を依頼され…

というストーリー。

主人公は13年たっても相変わらずツイてないです。

 

5.静かな炎天

シリーズ第5巻の『静かな炎天』では、再び短編となります。

月ごとに短編が一つずつあり、表題作の静かな炎天は8月のエピソード。35年前に失踪した作家の最後の日記を調査します。

 

6.錆びた滑車

2018年8月に発売されたシリーズ第6巻の『錆びた滑車』は、再び長編です。

相変わらずミステリー専門書店でアルバイト中の葉村晶ですが、本屋の2階にある探偵事務所でも調査員としてダブルワーク中となっています。

調査員としてとある女性を尾行する案件から芋づる式に事件がつながっていきます。

ちなみに主人公は喧嘩に巻き込まれて負傷したり貧乏が続いたりと相変わらず不幸続きです。

7.不穏な眠り

続いては2019年12月5日発売予定の最新刊「不穏な眠り」です。

こちらは短編集となっており、収録話は以下の通り。

「水沫(みなわ)隠れの日々」
終活で蔵書の処分を頼んできた藤本サツキのもう一つの依頼は、死んだ親友の娘・田上遥香を刑務所から自分のところに連れてきてほしいということだった。刑務所からサツキの元に向かう道で、遥香は車に乗った男たちに拉致されてしまう。

「新春のラビリンス」(「呪いのC」改題)
大晦日の夜、葉村は解体直前の〈呪いの幽霊ビル〉の警備をすることになった。ヒーターが壊れ、寒さの中一夜を明かした葉村は、女性事務員の公原から連絡が取れない男友達の行方を調べてほしいと頼まれる。

「逃げだした時刻表」
葉村の働くミステリ専門店でGWに〈鉄道ミステリフェア〉を開催することになった。展示の目玉として借りた弾痕のあるABC時刻表が盗難にあう。本の行方を追ううちに、互いを出し抜こうとするコレクター同士のトラブルや、過去の因縁まで絡んできて思わぬ展開に……。

「不穏な眠り」
亡くなった従妹から引き継いだ家にいつのまにか居座り、そこで死んでしまった宏香という女の知人を捜してほしいという依頼を受けた葉村。宏香を連れ込んだ今井という男の家を訪ねたところ、今井の妻に危うく殺されかける。今井は宏香の死後、家出していた。

出典:https://books.rakuten.co.jp/rb/16090744/

 

ドラマ化情報「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」について【2020年1月24日(金)〜】

drama-template

続いてはドラマ化情報です。

実は葉村晶シリーズはついにドラマ化が決まりまして、2020年1月24日からNHK総合にて放送されます。

タイトルは「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」

読みが難しいからか、カタカナになったみたいです。

キャストについては主演がわかっていて、シシド・カフカさんだそうですね。

◆キャスト

  • 葉村晶役・・・シシド・カフカ【主演】
  • 岡田正太郎役・・・間宮祥太朗
  • 村木義弘役・・・池田成志
  • 速見治松役・・・津田寛治
  • 柴田要役・・・板橋駿谷
  • 野々村役・・・松尾貴史
  • 柿崎役・・・中村靖日

シシド・カフカさんは、「私、定時で帰ります。」とか「視覚探偵 日暮旅人シリーズ」とかに出演していますね。

たkる
たkる
岡田正太郎はドラマオリジナルキャラで、葉村晶が一目置く警視という設定だそうです。

見逃し配信先はU-NEXTとのこと。是非チェックしていきましょう。

葉村晶改めハムラアキラシリーズを是非読もう!

ここまで、若竹七海『葉村晶シリーズ』の読む順番とあらすじについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

このミステリーがすごい!の上位の常連シリーズで、なぜドラマ化されていないのが不思議なくらいの作品です。

今後さらに注目されていくことと思いますので未読の方は今のうちに読んでおきましょう!

ではまた。良い読書ライフを。

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く