読む順番

「ルパンの娘」原作の読む順番・続編情報まとめ!帰還⇒ホームズの娘と続く!

2019年7月からドラマ化もされている横関大さんの小説「ルパンの娘」原作シリーズの読む順番と続編情報をまとめていきます。

よろしくお願いいたします。

横関大『ルパンの娘』原作シリーズとは

まずは、横関大『ルパンの娘シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


ルパンの娘

ストーリーとしては、泥棒一族として知られるLの一族の娘・三雲華(みくもはな)と警察官一族の長男・桜庭和馬(さくらば かずま)の間のラブストーリー+ミステリー

三雲華が恋人である桜庭和馬の家にあいさつに行くと、三雲家は泥棒の一族だから別れるようにと命じられる。

さらにその後、荒川の河川敷で華の祖父の焼死体が見つかり・・・

彼らはその犯人を調査する、、、という流れで、ロミオとジュリエット現代版のような内容となっています。

『ルパンの娘シリーズ』の読む順番まとめ

ではそんな『ルパンの娘シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

現在刊行中の作品は以下の通り。

1.ルパンの娘 (講談社文庫)

 

2.ルパンの帰還 (講談社文庫)

 

3.ホームズの娘(2019/9発売予定)

第3巻のタイトルはちょっとうろ覚えですが、本の帯に書かれていた気がしています。

第3巻のタイトル「ホームズの娘」でした。

ではそれぞれのあらすじを簡単に紹介していきます。

第1巻『ルパンの娘』のあらすじ

まずはシリーズ第1巻の「ルパンの娘」のあらすじです。

こちらでは、警察一家の長男・桜庭和馬(さくらば かずま)と怪盗一家の娘・三雲華(みくもはな)が恋仲になるも、挨拶に行ったら家系的に別れろと言われ・・・というところから物語がスタート。

さらに華の祖父が殺害される事件も発生し、二人はその事件の調査に乗り出します。

 

第2巻『ルパンの帰還』のあらすじ

続いてはシリーズ第2巻の『ルパンの帰還』のあらすじです。

こちらでは、警視庁捜査一課で活躍する桜庭和馬が、新たに部下に配属された京都の老舗探偵事務所の娘の新人刑事・北条美雲とバディを組んで事件の解決に奔走します。

しかも担当した事件はどうやら和馬の妻子が巻き込まれているようで・・・

というストーリー。時間軸は第1巻の後になります。

 

第3巻『ホームズの娘』のあらすじ

最後は第3巻のホームズの娘について。

こちらはまだ不明です。発売は9月予定らしいです。

個人的な読みでは、第2巻でホームズ一家の娘・北条美雲が出てきているので、そちらを主人公にした作品ではないか?と予想

ドラマ版「ルパンの娘」について

では続いてはドラマ化情報です。

ルパンの娘シリーズは2019年7月からのドラマ化が発表されており、主なキャストは以下の通り。

桜庭和馬役・・・瀬戸康史【主演】
三雲華役・・・深田恭子【主演】

桜庭和一役(兄)・・・藤岡弘
桜庭典和役(父)・・・信太昌之

三雲巌役(祖父)・・・麿赤兒
三雲渉役(兄)・・・栗原類
三雲悦子役(母)・・・小沢真珠

けっこうメンツのキャラが濃いですね!

終わりに

ここまで『ルパンの娘シリーズ』の読む順番とあらすじを簡単に紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

第3巻も控えているとのことで、ドラマ化に合わせてぜひ読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!

ドラマ「怪盗山猫」原作シリーズの読む順番!【神永学著】テレビドラマ化された怪盗山猫の原作シリーズである『怪盗探偵山猫シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 怪盗探偵山猫シリーズとは? ...
忍者を目指す人必見!様々なテーマのNINJYA本まとめ漫画NARUTOや忍者ハットリ君などで有名な忍者。 実はその人気は日本国内にとどまらず、むしろ海外で爆発的です。 NINJYAの...
よくある詐欺の種類と手口と騙されやすい人まとめ!『詐欺師たちの殺し文句』より『詐欺師たちの殺し文句』という本を読んで学んだよくある騙しの手口をまとめていきます。 一つでも知らないとセキュリティリスク(騙され...
RELATED POST