読む順番

赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』の読む順番

2019年現在、「ルパンの娘シリーズ」がドラマ化で人気を博しています。

実は同じように夫婦で刑事と泥棒という小説アンドドラマがあったのをご存知でしょうか。

それが赤川次郎さんの『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』という作品。

今日は、この赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』の読む順番とあらすじを紹介していきます。

赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』のあらすじ

まずは赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介してきます。


[まとめ買い] 夫は泥棒、妻は刑事

この作品は、すごい作品数の多い赤川次郎さんによる小説で、今野真弓と今野淳一という夫婦を描いています。

この今野夫妻は一見どこにでもいる夫婦ですが、実は妻の真弓が刑事で、夫の淳一は怪盗であるという宿敵同士。

それを承知の上で結婚しているという器の大きい人たちです。

で、この作品ではこの問題が発生しそうな夫婦を中心とした事件を、コメディタッチで描いていくという短編集となっています。

ちなみにこのシリーズは『泥棒に手を出すな!』のタイトルで1990年にドラマ化もなされています。

第1巻↓

 

赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』の読む順番

ではそんな赤川次郎『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』の読む順番を紹介していきます。

実はこの作品は20巻以上も出ている長寿作で、刊行作品は以下の通り。

1.夫は泥棒、妻は刑事 1 盗みは人のためならず<新装版> (徳間文庫)

 

2.待てばカイロの盗みあり 夫は泥棒、妻は刑事 2 (徳間文庫)

3.夫は泥棒、妻は刑事 3 泥棒よ大志を抱け<新装版> (徳間文庫)

4.夫は泥棒、妻は刑事4 盗みに追いつく泥棒なし<新装版> ((徳間文庫))

5.夫は泥棒、妻は刑事 5 本日は泥棒日和 〈新装版〉 (【徳間文庫】)

6.夫は泥棒、妻は刑事6 泥棒は片道切符で<新装版>【徳間文庫】

7.夫は泥棒、妻は刑事7 泥棒に手を出すな〈新装版〉 (徳間文庫)

8.夫は泥棒、妻は刑事 8 泥棒は眠れない<新装版> (徳間文庫)

9.夫は泥棒、妻は刑事9 泥棒は三文の得 〈新装版〉 (徳間文庫)

10.~夫は泥棒、妻は刑事 10~ 会うは盗みの始めなり (徳間文庫)

11.夫は泥棒、妻は刑事11 盗んではみたけれど〈新装版〉 (徳間書店)

12.泥棒も木に登る: 夫は泥棒、妻は刑事 12 〈新装版〉 (徳間文庫)

13.盗んで、開いて: 夫は泥棒、妻は刑事 13 夫は泥棒、妻は刑事 13 夢はショパンを駆け巡る 〈新装版〉〈新装版〉 (徳間文庫)

14.盗みとバラの日々: 夫は泥棒、妻は刑事 14 〈新装版〉 (徳間文庫)

15.心まで盗んで: 夫は泥棒、妻は刑事 15 〈新装版〉 (徳間文庫)

16.泥棒に追い風: 夫は泥棒、妻は刑事 16 〈新装版〉 (徳間文庫)

17.夫は泥棒、妻は刑事 17 泥棒桟敷の人々 (徳間文庫)

18.泥棒たちの黙示録: 夫は泥棒、妻は刑事 18 (徳間文庫)

19.泥棒教室は今日も満員: 夫は泥棒、妻は刑事19 (徳間文庫)

20.夫は泥棒、妻は刑事20 泥棒たちのレッドカーペット (徳間文庫)

21.夫は泥棒、妻は刑事21 泥棒たちの十番勝負 (トクマノベルズ)

『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』のドラマ化情報

続いては『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』のドラマ化情報です。

ドラマ化としては第7巻「泥棒に手を出すな」のタイトルで1990年にドラマ化がなされています。

なお、かなり昔なのでDVD等は出ていない模様。

主なキャストは以下の通り。

今野真弓:田中好子
今野淳一:佐藤浩市
大石蔵雄:佐藤B作
外骨堂風鈴:岡本麗
時国平成:織本順吉

終わりに

ここまで赤川次郎さんの『夫は泥棒、妻は刑事シリーズ』について読む順番とあらすじを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

夫婦で違う職業というのはそこそこ一般的ですが、怪盗と刑事みたいなのは珍しいですね。

そんな感じの真逆な2人の物語が知りたい人は是非読んでみてください。

ではまた。良い読書ライフを!


[まとめ買い] 夫は泥棒、妻は刑事

第1巻↓

 

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く