シリーズごと

【2021年最新】神永学「浮雲心霊奇譚」の読む順番と新刊情報まとめ

本記事では神永学さんの『浮雲心霊奇譚』について読む順番とあらすじを紹介します。

神永学さんの作品は最近けっこう完結してしまったのですが、本シリーズはまだ連載中です!

では、始めていきます。

最新情報↓

2021.4 『浮雲心霊奇譚 呪術師の宴』の文庫版発売

2021.5.10 新刊『火車の残花 浮雲心霊奇譚』発売!

新刊↓

結論だけ↓

  • 『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』(2014年)
  • 『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』(2016年)
  • 『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』(2017年)
  • 『浮雲心霊奇譚 白蛇の理』(2018年)
  • 『浮雲心霊奇譚 呪術師の宴』(2019年)
  • 『浮雲心霊奇譚 血縁の理』(2020年)
  • 『火車の残花 浮雲心霊奇譚』(2021年5月New!!)

神永学さんの新刊とおすすめ↓

では以下で詳しく見ていきましょう。

広告

神永学『浮雲心霊奇譚』とは?時代×ファンタジー!

ukigumosinnreikitan-arasuji

というわけでまずはあらすじから簡単に見ていきましょう。

たkる
たkる
書誌情報はこんな感じ!
作品名 『浮雲心霊奇譚』
著者 神永学
ジャンル 時代小説、ファンタジー
出版社 集英社
既刊 6巻

作者は心霊探偵八雲怪盗山猫シリーズ天命探偵シリーズなどで知られる神永学さん。

ストーリーとしては死者の魂が見える赤眼の男・浮雲が、様々な怪異を倒していくというもの。

たkる
たkる
ジャンルとしては時代×ファンタジーです。

公式あらすじ↓

時は幕末。動乱の世を背景にした様々な怪事件を、一人の“憑きもの落とし”が人知れず解決へと導いていた。その男の名は「浮雲」。男が目に赤い布を巻いているのは、死者の魂を見据える赤い瞳を隠すためだった──。

ちなみにタイトル若干似てるんだけど、

  • 心霊探偵八雲
  • 浮雲心霊奇譚

別シリーズとなります。(リンクはする)

PVあります↓

『浮雲心霊奇譚』の読む順番と新刊情報まとめ

ukigumosinnreikitan-top

続いてはそんな『浮雲心霊奇譚シリーズ』の読む順番と新刊情報を解説します。

現在刊行中の作品は以下の通り。

  1. 『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』(2014年)
  2. 『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』(2016年)
  3. 『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』(2017年)
  4. 『浮雲心霊奇譚 白蛇の理』(2018年)
  5. 『浮雲心霊奇譚 呪術師の宴』(2019年)
  6. 『浮雲心霊奇譚 血縁の理』(2020年)
  7. 『火車の残花 浮雲心霊奇譚』(2021.5.10)

2021/5現在だと、単行本は6巻まで、文庫は4巻までです。(文庫5巻も2021/4に発売予定)

たkる
たkる
単行本第7巻も5/10発売予定!

ではそれぞれの巻について簡単に見ていきましょう。

1.『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』(2014年)

まずはシリーズ第1巻の『浮雲心霊奇譚 赤眼の理』です。

時は幕末。動乱の世を背景にした様々な怪事件を、一人の“憑きもの落とし”が人知れず解決へと導いていた。その男の名は「浮雲」。男が目に赤い布を巻いているのは、死者の魂を見据える赤い瞳を隠すためだった──。浮雲シリーズ開幕!

2.『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』(2016年)

続いてはシリーズ第2巻の『浮雲心霊奇譚 妖刀の理』です。

妖刀・村正による惨劇の場に居合わせた八十八。浮雲に相談を持ちかけたところ、事件の背後に浮雲の宿敵である人物の姿が浮かび上がる。赤い瞳の憑きもの落とし・浮雲が、江戸の怪異を追う! 全3編収録のシリーズ第2弾!

3.『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』(2017年)

続いてはシリーズ第3巻の『浮雲心霊奇譚 菩薩の理』です。

夜ごと、無数に現われる赤子の霊におびえる男。八十八とともに憑きもの落としに関わった浮雲は、その背後に妖しげな人物の邪気を察知し…!? 土方歳三に加え、少年剣士・宗次郎も活躍! 全3編収録のシリーズ第3弾!

4.『浮雲心霊奇譚 白蛇の理』(2018年)

続いてはシリーズ第4巻の『浮雲心霊奇譚 白蛇の理』です。

廃寺で白い蛇と謎の美女に遭遇した八十八。背後にひそむ事件を赤眼の“憑きもの落とし”浮雲が斬る! 土方歳三、色街の美女・玉藻、少年剣士・宗次郎、 そして暗躍する異能の呪術師たち── 個性豊かなキャラクターが魅せる3編を収録した、シリーズ第4弾!

5.『浮雲心霊奇譚 呪術師の宴』(2019年)

続いてはシリーズ第5巻の『浮雲心霊奇譚 呪術師の宴』です。

神楽坂の武家屋敷に招かれた、赤い瞳の憑きもの落とし浮雲と、呉服屋の倅、八十八。山伏、巫女、傀儡師ら、屋敷には幾人もの霊媒師が集められ、嫡男・浩太朗の除霊を依頼される。しかしその直後、一同の目の前で浩太朗が殺された。 そして一人、また一人と死者が……。近藤勇、土方歳三、沖田宗次郎も活躍! 好評シリーズ第5弾、初の長編!

6.『浮雲心霊奇譚 血縁の理』(2020年)

続いてはシリーズ第6巻の『浮雲心霊奇譚 血縁の理』です。

八十八が想いを寄せる伊織が、武家に嫁ぐことになった。しかし伊織は心霊現象に悩まされるようになり、八十八は浮雲とともに原因を探ることに……。全3編収録の好評シリーズ、最大の転機を迎える第6弾!

7.『火車の残花 浮雲心霊奇譚』(2021)

続いてはシリーズ第7巻の『火車の残花 浮雲心霊奇譚』です。

こちらでは

「罪人の亡骸を奪い去る妖怪・火車が、多摩川で次々と人を殺しているという。」

噂を聞き浮雲が調査に赴くが・・・

というストーリー。並行して別の事件も起こっていて・・

神永学さんのその他シリーズ小説のおすすめに関して

そんな感じが神永学さんの「浮雲心霊奇譚シリーズ」でした。

神永学さんの別作品を最後に紹介していこうかなと思います。

神永学さんの作品としては

などがあります。(タイトルクリックで詳細解説記事に飛びます)

ちょっとファンタジー寄りのミステリーに定評のある作者さんです。最近一気に完結した悪品が多いので、ぜひ一気読みしてみてください。

そんな感じ!ではまた。良い読書ライフを!

神永学さんの新刊とおすすめ↓

別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?
nicoichi-top
「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」
「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

そこで本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番を一覧で紹介しました。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も併せてまとめました!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認してみてはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です