読む順番

『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』の読む順番!毎月刊行されるそうです。

南英男『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』の読む順番をまとめていきます!

2020年5月まで毎月刊行されるそうです。

南英男『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』とは?

まずは『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』とはどのような物語なのかを簡単に紹介していきます。


強欲: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)

『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』は南英男さんによる作品で、ジャンルは警察ミステリー+サスペンスです。

元は赤坂署の刑事で、不祥事により警察を辞めた後、私立探偵となった見城豪(けんじょうまさる)が主人公。

相手の悪事がわかると徹底的に追い込み金を揺するという悪どい商法を得意としています。

そんな彼の元に、とある依頼が舞い込み・・・

というストーリー。

まさに脅迫屋!みたいなところのダークな感じが新しいですね。

『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』の読む順番

では続きまして、『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』の読む順番をまとめていきます。

2019年7月現在ではまだ第1巻だけですが、これから2020年5月まで毎月新刊が発売される予定だそうです。(旧版は出ていますが、新版が再出版中)

以下にそんな『強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ』の刊行スケジュールをまとめました。

1.強欲: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)

 

2.~強請屋稼業~ 異常犯 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:異常犯(2019年8月出版予定)

3.強請屋稼業 監禁 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:監禁(2019年9月出版予定)

4.強請屋稼業 飼育者 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:飼育者(2019年10月出版予定)

5.奈落: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:奈落(2019年11月出版予定)

6.醜聞: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:醜聞(スキャンダル)(2019年12月出版予定)

7.挑発: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:挑発(2020年1月出版予定)

8.強請屋稼業 盗聴 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:盗聴(2020年2月出版予定)

9.拷問: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:拷問(2020年3月出版予定)

10.強欲: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)
新版:強欲(2020年4月出版予定)

11.暴虐: 強請屋稼業 (徳間文庫)
新版:暴虐(2020年5月出版予定)

12.黒幕: 強請屋稼業 〈新装版〉 (徳間文庫)

13.悪謀―強請屋稼業〈12〉 (徳間文庫)

14.暗闘―強請屋稼業 13 (徳間文庫)

15.強欲―強請屋稼業〈14〉 (徳間文庫)

16.腐蝕―強請屋稼業〈15〉 (徳間文庫)

終わりに

ここまで「強請屋(ゆすりや)稼業シリーズ」について読む順番とあらすじをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

今後毎月出版されるということで、月1で何か読める本が欲しいなという人には特にオススメです。

ぜひ読んでみてください。

ではまた良い読書ライフを!

 

◆アウトロー系

黒川博行『疫病神シリーズ』の読む順番おすすめまとめ【ドラマ化続編】小説家の黒川博行氏の人気サスペンス小説『疫病神シリーズ』。 今日は、そのあらすじ、読む順番、ドラマ化情報についてまとめていきたいと...
中山七里『御子柴礼司シリーズ』の読む順番!贖罪から始まる弁護士奏鳴曲『贖罪の奏鳴曲』より始まる中山七里さんの小説『御子柴礼司シリーズ』の読む順番をまとめていきます。 中山七里『御子柴礼司シリーズ』とは ...
マフィアとヤクザのアウトロー本の比較紹介マフィアとヤクザ、海外か国内かの違いだけでなく、根本のところで似ているようで結構違う2つを紹介した本を紹介します。 紹介する本は以下の...