読む順番

赤川次郎「ふたり」に続編「いもうと」が登場!【11年後の世界観】

hutari-zokuhen-imouto

赤川次郎さんの1989年の小説「ふたり」に続編が登場したようです。

タイトルは「いもうと」。

前編の「11年後の世界観」とのこと。

以下で本書のあらすじを紹介していきます。

赤川次郎「ふたり」の振り返り

まずは赤川次郎さんの「ふたり」を振り返っていきましょう。

「ふたり」は1989年に発行された赤川次郎さんの代表作で、本人も「名刺がわりの一冊」と述べている、そんな作品です。

ストーリーとしては、しっかり者で成績優秀な姉・千津子と、姉に頼ってばかりだった妹・実加の物語で、姉の千津子が事故死してしまうが、なぜか妹・実加には姉の声が頭のなかに聞こえてくるようになり・・・

というのがあらすじです。

姉のアドバイスを受けつつ、実加が奮闘し、姉の死や迫り来る数々の課題を乗り越えていく・・・!

という感動ストーリー。

たkる
たkる
途中で姉の声が突如聞こえなくなったり、家庭環境もかなり荒れてきたりとハラハラドキドキの展開が起こります

ドラマ化や映画化、舞台化もなされており、どこかで見たことがある!という人も多いかと。

で、そんな「ふたり」に続編が登場したというのです。

「ふたり」続編「いもうと」のあらすじ

hutari-zokuhen-imouto

ではここからは本題に入りまして、「ふたり」続編の「いもうと」という作品について紹介していきます。

2019/10/18に「ふたり」の続編「いもうと」が発行されました。

ふたりの発行は1989年なので、30年ぶりの続編となりますね。

この「いもうと」では、前作の11年後の世界が描かれます。前作では高校生だった実加も本作では27歳、OLとなっています。

会社では上司から面倒な仕事を押し付けられたり、父親を始めダメな男が寄ってきたりしていますが、しっかりまっすぐ育った実加がそれをなんとか乗り越えていく!というストーリーです。

タイトルの「いもうと」というのは、父の不倫相手の異母妹が登場してくるところから!

前作では妹だった実加が、今度は妹を持つ姉となるという展開です。

詳しくは本書をどうぞ。リアリティがないという意見もありますが、まあその辺は世界観に上手く入り込めるかどうかかなと思います。(赤川次郎さんの作品はリアリティ志向ではない感はある)

 

終わりに

ここまで「ふたり」とその続編「いもうと」について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

「ふたり」は2003年の時点で累計発行部数が230万部という超人気作です。

前作を読んだという人はぜひ、続編も読んでみてはいかがでしょうか。

ではまた。良い読書ライフを!

 

 

たkる
たkる
赤川次郎さんのシリーズ本まとめました。よければご一緒にいかがでしょうか。
別のシリーズの続編もこの機に探してみませんか?

nicoichi-top「気になるあのシリーズ、知らぬ間に新刊が出ていた・・・!」

「え、この本、単発かと思ったら続編あったの!?」

という機会は本好きには多いかと。

本サイトでは300シリーズの小説のあらすじと読む順番をまとめています。

さらに番外編情報、ドラマ化情報、漫画化情報も知れちゃいます!

この機に他のシリーズ本の読む順番を、確認していってはいかがでしょうか。

>>読む順番を見に行く